1. まとめトップ
3 お気に入り 392658 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ssszさん

読売ジャイアンツ

セントラル・リーグに所属しており、日本に現存する12球団の中で最も歴史が長いプロ野球球団でもある。

歴代監督

1934年 - 1935年 : 三宅大輔

読売ジャイアンツ初代監督。野球殿堂入り (特別表彰:1969年)

1936年 : 浅沼誉夫

1936年(昭和11年)の2度目のアメリカ遠征時には浅沼自身が指揮を執った。77試合を43勝33敗1分の成績で終えるものの、選手との隔たりから解任される。

1936年 - 1942年 : 藤本定義

巨人を公式戦第1回優勝球団に導いた。在任7年間の9シーズンで7度の優勝という第一次黄金期を築き、1942年シーズン終了をもって辞任

1943年 : 中島治康

1943年に監督兼任

1944年 - 1946年 : 藤本英雄

1944年は投手で3番を打ち、監督も兼任。人員不足の戦中にあってチームを支えた。25歳での監督就任は日本プロ野球史上最年少記録である。1946年途中まで監督を兼任し、同年シーズン中に中島治康が兼任監督として巨人に復帰したのを受けて選手専任に戻る。

1946年 - 1947年 : 中島治康(第2次)

1946年シーズン途中に兼任監督として復帰。翌年は開幕からチームが不調で、29試合を消化した時点で監督職を辞した。三原ポカリ事件で三原脩が出場停止の際は選手兼任で監督代行を務めた。

1947年 - 1949年 : 三原脩

監督としては、選手の調子・ツキを見逃さない慧眼の持ち主で、周囲の予想を超える選手起用・戦術で数々の名勝負を演出し「三原魔術」と驚嘆を受け、「魔術師」「知将」の異名をとった。

1950年 - 1960年 : 水原茂

巨人監督時代の在任11年間で8度のリーグ優勝、4度の日本一に輝き、セントラル・パシフィック両リーグでチームを日本一に導いた(セ - 巨人、パ - 東映)。

1961年 - 1974年 : 川上哲治

王貞治・長嶋茂雄らを率いて読売ジャイアンツの黄金時代を築き上げ、プロ野球史上唯一の「V9」(9年連続セ・リーグ優勝・日本一)を達成するなど多大なる功績を残し、「プロ野球界の生き神様」とまで呼ばれる伝説的な存在となった

1 2