1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

そもそも通名って何なの?

通名(つうめい)とは、通称名の略。現在、一般に「通名」とは外国籍の者が日本国内で使用する通称名を指す。法規等の文中などでは「通名」ではなく「通称」と表記される。

通名は法的効力や公的手続きに使えるの?

通称名で法律行為を有効に行うことは。原則としてできない。
しかし在日外国人の通名は、居住する区や市町村への登録を条件として、住民票に記載され、法的な効力を持つ。
2016年現在の実務上、通名は登記などの公的手続に有効に使用することができ、契約書など民間の法的文書にも使用できる。
(単なる自称では、詐欺罪や文書偽造罪などに問われる場合がある)

↓通名 概要
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%9A%E5%90%8D

例えば複数の通名を名乗っても制約はない!

本名ではなく、一つ、もしくは複数の通称名を名乗って生活することには、2016年1月の時点で法律的な制約はない。

通名の変更の手続きもすげー簡単!

在日の通名変更なんて、役所に行けば30分で終わります。 例えば僕が、坂本明秀でレンタルビデオの会員になったり、郵便物が届いてたらそれでOK 明日から坂本明秀になれます

しかも家族バラバラの通名が名乗れる!

通名関係でやり取りして思い出したんですが、我が家では親兄弟でバラバラでした。 例えば父が加藤で、僕が木下、弟が田中 。 まあ、めちゃくちゃな法律ですね。 別に悪い事してません( ̄ー ̄)

この人は「尹 明秀」という名前の在日コリアンの方です。

それなら通名申請をする人って多いんじゃない?

東京都荒川区の小坂英二区議によると

東京23区内では在日外国人が1人で最高32回の通名変更を行った事例がある

という。
やばいじゃん。

そんなに通名を変更できるなら何かできるんじゃ…

「通称」悪用して端末不正売買 容疑の韓国人を逮捕 埼玉
2013.11.1 21:41 、産経新聞

 外国人が日本で名乗る通称を悪用して携帯電話を不正売買したとして、埼玉県警組織犯罪対策課と大宮西署は1日、組織犯罪処罰法違反(隠匿)と詐欺容疑で、韓国籍の無職、文炳洙(ぶんへいしゅ)容疑者(通称・青山星心(しょうご))=別の同容疑で処分保留、さいたま市西区清河寺=を再逮捕した。通称を悪用した犯行を組織犯罪処罰法で立件するのは全国初という。

同課の調べでは、文容疑者は区役所で短期間に通称登録を何度も変更。新旧の通称を使い分け、平成22年10月以降、約160台のスマートフォンやタブレットなどの端末を購入、古物商へ転売したとみられる。
再逮捕容疑は8月7日、「青山星心」の通称で、さいたま市の家電量販店でスマートフォン2台を詐取。過去の通称だった「清永泰斗」を名乗り東京都内の古物商で転売し、約7万2千円を得たなどとしている。
同課によると、文容疑者は端末代を分割して月々の料金に上乗せする制度で端末を購入したが、支払いは一切せずそのまま転売。同課の調べに「料金を踏み倒す気はなかった」と犯意を否認する一方、売却で得た金は競馬などのギャンブルに使ったという。
頻繁に通称変更することを不審に思った区役所の届け出を受けて捜査したところ、犯行が発覚した。文容疑者は通称の違う複数の身分証を使い分け、売買を重ねていた。

犯罪に繋がるなら問題視する人も多いんじゃないのかな…

「例えば、通名というのがあって、日本人の名前に変えることによって、犯罪歴や金融関係の経歴を全部消すことができ、また新たな犯罪ができる」

※2013年10月20日放送
「たかじんのそこまで言って委員会」
読売テレビ系

竹田恒泰氏の発言で各団体などが抗議!

「発言は明らかに事実に反し、偏見を助長する」
「放送は事前収録だったのに、虚偽の内容に基づく番組を放映した責任は重い」

「竹田氏の発言は重大な事実誤認。
通名制度導入の背景に、創氏改名制度がある。
通名制度が在日コリアンにとって『特権』たりえないのは明らかである。
竹田氏の『犯罪歴』『新たな犯罪ができる』発言は、およそ客観的事実に基づかない人種差別的発言である」

また他の在日朝鮮人や在日韓国人は読売テレビや竹田恒泰氏が勤めている慶応義塾大学などに対して多くの抗議を送った。

それに対し竹田恒泰氏の反論!

『そこまで言って委員会』の私の発言について読売テレビに抗議があったようだが、私は在日特権について事実を述べただけのこと。まして在日を差別する発言はしていない。私はこれまで「在日は日本の宝」といい続けてきた。詳細は『日本人はいつ日本が好きになったのか』(PHP新書)を参照されたい。

「通名」が在日特権なのは事実であり、在日の通名制度は廃止すべき。廃止されて困る人が反対しているに過ぎない。ところが、もし通名制度が「特権ではない」なら、なおさら廃止すべきだ。特権でない以上、廃止して困る人はいないのだから。いずれにしても、通名は廃止すべし。それが日本の国益に叶う。

(4:02~)私(竹田氏)には、謝罪訂正の要請は来ていない。
(4:40~)私は、在日特権に関しては事実を述べただけ。
(5:28~)聞いたら、地上波で在日特権の話題が出たことは殆ど無いらしい。在日特権については基本的にテレビではやらない。在日はテレビで在日特権が出ると、特権がばれて無くなると困るから、読売テレビや慶應大学に沢山抗議している。

(8:15~)銀行口座は本名でも通名でもすぐに作れる。通名は申請すればすぐに変えられる。
(9:06~)銀行に勤める友人に確認したが通名で銀行口座は作れる。すぐに変更できる通名でいろんな銀行口座が作れたことは所得隠し・脱税の温床。

(9:37~)通名を長い間使うと通名を本名にすることができる。そうすると新しい本名でまた新たな通名をつくれる。→無限ループ

(10:15~)まず金融履歴が消える。要するに金融のブラックリストから消えるから、新たな融資を受けることが出来る。

(10:30~)犯罪履歴があっても、事実上消える。報道も通名で報道される。通名を変え、本名も変えることが出来るから、企業が持っている犯罪データベースに反映されない。警察が時間と労力をかけて丹念に追って行けば人定は可能だが、普通の企業では無理であり、在日は通名や本名をコロコロ変えることによって犯罪履歴や金融のブラックリストを無効化できる。税務署も追い難い。

(12:53~)日本人は同じ事が出来ないから、これは「在日特権」だ。
(13:29~)私は事実に基づいて述べただけ。在日特権があるということを在特会が知らしめたことは、一つの意義がある。

(17:35~)在日はテレビで通名のことを話されたのがショックだったようだ。触れてほしくなかったみたいだ。しかし、在日特権があることは事実で、問題だ。日本の国益に反する。事実を事実として言っただけ。だから何も撤回することは無い。おそらく読売テレビも訂正しない。なぜならば事実だから。謝罪も訂正もしない。ましてや差別もしていない。

なら、こんなヤバイ通名制度なんで始まったの?

1940年2月11日に創氏改名制度が施行。

創氏改名(そうしかいめい)は、大日本帝国朝鮮総督府が、1939年(昭和14年)制令十九号(創氏)および二十号(改名)で、本籍地を朝鮮に有する日本臣民(以下朝鮮人という)に対し、新たに「氏」を創設させ、また「名」を改めることを許可するとした政策。

これにより朝鮮や内地在住の朝鮮人なども日本風の「氏名」を名乗ることになった。これは法的な「本名」であり、この日本名で各種届出や証明書類の交付、また登記などの公的手続が行われた。

なら通名制度の元になった創氏改名を始めたのは誰?

1 2