1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「みのもんたのよるバズ!」…みのもんた2年半ぶりキャスター復帰が決定!

みのもんたが、4月11日に本開局するインターネットテレビ局・AmebaTVで、報道番組のメインキャスターを務めることが15日、明らかになった。ニュースをまとめ。

更新日: 2016年03月15日

4 お気に入り 8016 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

isaaccさん

○みのもんたがキャスターに復帰

4月11日に開局するインターネットテレビ局「AbemaTV」の生報道番組「みのもんたのよるバズ!」(土曜後8・0)のメーンキャスターに就任する。

放送は、東京・六本木のテレビ朝日社屋1階に新設されるガラス張りのオープンスタジオから行われる予定。

○夜の情報・報道番組のキャスターは初

みのは日本テレビ「午後は○○おもいッきりテレビ」、TBS「みのもんたの朝ズバッ!」などで朝と昼の顔を務めたが、夜の情報・報道番組のキャスターは初。

ブラック企業に就職して苦しんでいる若者の実情や、非正規雇用の抱える問題、シングルマザーの子育て実態など、さまざまな社会問題に切り込む。

みのもんたが4月からキャスター復帰。どんな番組だろう。一応興味ある。

○みのは2013年に情報番組の司会を降板

みのは2013年9月に次男が窃盗事件で逮捕(処分保留で釈放)されたことを機に、TBS系「みのもんたの朝ズバッ!」と「みのもんたのサタデーずばッと」を降板した。

当時日本テレビ社員の次男が、泥酔し道で横たわっていた男性の鞄からキャッシュカードを盗み出し現金を引き出そうとしたとして窃盗未遂容疑で逮捕されていたことがわかった。

○若者が抱える社会問題に斬り込んでいく

「よるバズ!」のターゲットはインターネットニュースに親しみやすい10代後半~30代。

若い世代の応援者となったみのが、スマートフォンで中継を結び、生取材や生インタビューを敢行。

2時間の生放送でブラック企業への就職、非正規雇用、シングルマザーの子育て事情など、若者が抱える社会問題に斬り込んでいく。

○インターネット上でユーザーの意見を広く募集

さらに番組特設サイトを開設し、視聴者が番組スタッフの一員として参加できる「Web編集会議(仮)」を開催。

TwitterやFacebookなどを活用し、その週の放送でどんな内容を取り上げたいかなど、インターネット上でユーザーの意見を広く募集し、番組構成に反映していく予定だ。

制作サイドは「ネットの世界でいい方向で炎上することを“バズる”といいますが、みのさんにニュース・ボスとしてバズってほしいという思いを番組名に込めました」としている。

○このニュースについてネットでも話題になっている

1 2