1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

「暮らしにだって、全然困っていませんよ」(前出の所属事務所関係者)

・「だいたいね、あの騒動はショーンこそが被害者なんですよ。彼は嘘もついてなかったし、世間を騙したこともない。みんな、マスコミがつくったストーリーじゃないですか。学歴も彼が自分で言っていたことじゃない。回りが勝手に書いたり言ったりしてただけ。それが孫引きされたりで、どんどん事実とかけ離れていったんでしょう」(前出の所属事務所関係者)

・この関係者に「それはショーンさんの意思でもあるんですか?」と確かめると、こう答えた。

「そうですよ。“(マスコミから)まったく話にならない作り話をされた。相手にする気もない”と言ってます」

騒動から7カ月、“ホラッチョ”は反省ゼロだった――

コミュニケーション能力の高さが身を救う?
過去にショーンKの取材を担当した週刊誌記者は驚きを交えて語る。

「実はショーンKと仕事を実際にしている関係者には彼をかばう人が多い。ある共演者からは『今回は話せない。今後も応援するつもりだから穏便に頼むよ』と取材をかわされている。

実際にコミュニケーション能力が高いので、彼に人間的な魅力を感じる関係者が多いのは確かです」

スキャンダル発覚後の対応も功を奏したようだ。週刊文春の締め切り日、ショーンKは自ら編集部を訪れ釈明したが、その内容は非を認めながらも情緒に訴えることに成功しており、誌面の大半がショーンKとの一問一答に割かれた。

その対応について「見事だった」と評価する人物もいる。

「週刊文春は手厳しく追求しているものの、ショーンKは『それはいけませんね…』と絶妙な返し。記事のトーンはだいぶ和らいだのではないか。その後の対応も見事で活動自粛を発表、ホームページ上で騒動の経緯を即座に発表した。

学歴や経歴の詐称疑惑を週刊文春に指摘され、活動自粛を発表した「ショーンK」こと経営コンサルタントのショーン・マクアードル川上氏(47)について、テレビ番組などで同情論に近い声が相次いでいる。詐称そのものについては批判しながらも、実力についてもっと評価してもいいとする声だ。

街角アンケートでも、経歴詐称を「許せる」と答えた人の割合が7割を超えており、コメンテーターとしての手腕を評価する声は比較的多い

ショーン・マクアードル川上氏に経歴詐称が発覚し、スタート前から“メインキャスター降板”という異例の事態となった、フジテレビ夜の新情報番組『ユアタイム〜あなたの時間〜』。後任が誰になるかが注目を集めるなか、昨日3月19日、フジテレビが新たな出演者を正式発表した。
 そのひとりが、日米ハーフのラジオDJ、モーリー・ロバートソン氏(53)。ショーン氏のハーバードビジネススクールに続き、またもやハーバード大学卒業という肩書きが気になるところ。一応、2〜3日前に自身のツイッターで卒業証書をアップしているように、どうやら今度はホントに卒業しているらしい。
 それにしても、フジテレビはなぜこんなにハーバード大ブランドにメロメロなのか……とあきれるが、しかし、実はこの人選、そんなふうに笑って済ませられるものでもない。

TOKYO MXの大川貴史プロデューサーは、ショーンK氏の起用に前向きだ
「人柄や能力はまったく問題視していない」と話している
TOKYO MXでは「5時に夢中!」や「バラいろダンディ」を放送している

一見、お坊ちゃま風というか、セレブで何不自由ない環境で育ったように勝手に想像していましたが、実は、中学時代にご両親に多額の借金があることを聞かされ、高校進学を断念する寸前までいったそうです。

どうしても高校へ進学したかったショーンkさんは、新聞販売店に住み込みでアルバイトとして働き、高校を卒業するまでの3年間、月々3万5千円の学費を自分で稼いで払ったそうです。

その住み込みで働いていたというのが、築45年のお風呂無しトイレ無し(共同?)のそれも3畳一間のアパートだったそうです・・・(°д°)。

今から30年数年前に既に築45年ということは・・・戦前に建てられたアパートということになりますよね〜。

ショーンKさんの中学3年から高校時代にかけてといえば、日本はバブル直前?どちらにしても、結構景気はいい時代になっていたように思うので、そんな中で15歳前後の少年が風呂無しトイレ無しでの生活は、壮絶という言い方は失礼かもですが、精神的にもキツかっただろうと想像します。

、川上氏は激しく落ち込んでいるという。

 謎だらけの経歴がまた一つ明らかになった。彫りの深いイケメンにぴったりの「ショーン・マクアードル川上」という名前が“芸名”であることが判明。所属事務所「サンディ」の奈美木映里社長によると、川上氏の本名は「川上伸一郎」。テレビやラジオで名乗っていた名前は「ビジネスネーム」と認めた。

 「週刊文春」に掲載された熊本の私立高校時代の写真が“和風顔”だったことなどから、インターネット上では、外国人の血をひくという出自にも疑惑が生じているが、同社長は「本人から父親がハーフで、自身はクオーターだと聞いています」と説明した。ただ、父親の国籍や「ビジネスネーム」の由来、整形疑惑については「プライベートなことなので」と明言を避けた。

かつてラジオのディスクジョッキーとして活躍し、最近は舞台の脚本やプロデュースも手掛けている奈美木社長。川上氏とは約20年前に知人の紹介で知り合ったが、その低音ボイスにほれ込み、DJとして契約。経営コンサルタント業務以外のテレビ、ラジオやCMの出演などのタレント活動をサポートしてきた。「今回のことはもちろん良くないこと」と前置きしたうえで、「人生全てを否定されることになってしまい、かなり落ち込んでいます。真面目にやってきた人なので…」と思いやった。今後もする意向という。

インタビューに答え、「(これまで)約束を違えたり、うそをついたことは1度もなかった」と訴えた。

 事務所社長は、川上氏が事務所に入ったいきさつについて「知り合いから声のいい人でラジオの仕事がしたいという紹介があったんです。声としての仕事なので、出身や大学、経営コンサルタントの仕事について詳しく聞くことはありませんでした」と説明。そして、「18年前から一緒に仕事をしているが、約束を違えたり、うそをつかれたことは一度もありませんでした」と、真面目な人柄であることを訴えた。

オリラジ中田敦彦 ショーンK氏の経歴詐称に言及「謝罪の仕方よくない」 dlvr.it/KntrvP #芸能

フジテレビの“新ニュースの顔”ショーンKことショーン・マクアードル川上氏に学歴詐称疑惑 ift.tt/1pKkG06 pic.twitter.com/CoL31uQYRC

おそるべし文春砲・・・ --- ショーンK氏、フジ報道番組司会を降板 「本人の意向を尊重」 mixi.at/a56aBAc

ショーン Who? ・川上伸一郎の学歴、実は高卒だった!?テンプル大学ハーバードは嘘!【ショーンK】 trendsokuho.com/2126.html #ショーンk #川上伸一郎 pic.twitter.com/jj8lgAb8Dy

「経営コンサルタント&コメンテーター」を演じた俳優だと考えれば、諸々造り物でも格好いい(経歴詐称はいただけないが)。 「What is PHEV LIFE Episode01」/ ショーンK youtu.be/Xtqo3OEV7WQ

1 2