トロンボーン漫談が持ちネタで、1980年代には人気ラジオ番組「ビートたけしのオールナイトニッポン」などで、ユーモラスな芸名が話題になった人物だ。

川上さんが高校時代、「吹奏楽部でトランペットを吹いていた」(文春報道)との証言とあわせると、80年代の熊本市内の高校で、管楽器とホラを吹いていた青年が「ホラッチョ」と呼ばれても不思議ではなさそうだ。断定こそできないが、名付けた人物の頭の片隅に、ホラッチョ宮崎さんがいた可能性は高いと思われる。

出典ショーンK氏のあだ名「ホラッチョ川上」 本当に熊本弁なのか、方言研究家に聞いてみた(全文表示) - コラム - Jタウンネット 東京都

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ホラッチョってどーゆー意味?〈ホラッチョ宮崎、ホラッチョ川上、ウエンツ瑛士〉

ホラッチョってなんかかわいい響きですよね?どこかの方言なのでしょうか?ホラッチョって癖になりそうなワードです。

このまとめを見る