1. まとめトップ

【徹底分析】ショーンマクアードル川上ことホラッチョ川上整形疑惑

週刊文春の記事により、学歴に経歴、会社組織、出自、すべてが嘘だったとバラされた、ショーンK。ただの低音ボイスの高卒オジサンとなった彼だが、なにより皆が驚いたのは、ハーフではなく純血の熊本男児だったということ。つまりあの彫りの深い顔も作り物だったのだ!

更新日: 2016年04月08日

3 お気に入り 134716 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

fukurotozさん

事実ならば、芸能史に残る希代のペテン師だ

左から2番目の写真を見ると
現在は生え際の植毛確率120%

経歴詐称8連発が凄すぎて
整形はおまけ扱い
 
アジア系の前頭骨で、あの鼻は無いwww
初めてテレビで見たとき、家族みんなびっくりして大変だったよ
英語でしゃべらないとのあの夜以来だった
苦しかった

あの嘘をつくために整形までしたとなったらなんか感服するわ

え? ハーフですらなかったの?

こいつハーフ名乗ってたんでしょ?
親や親戚、それに昔の知り合いは今までなんで黙ってたんだ

中学の同級生という女性は「特別に英語ができた訳じゃないし、帰国子女という話も出たことがない。ほとんどの人が覚えてないと思います」と女子の間では存在感がなかった様子。

高校の同級生という男性は「訳の分からない辞書を毎日7、8冊持ってきていた。(語学の)実力のほどはよくわからなかったけど、プライドが高くて気が短かった」と話した。

 さらに「うそをつくというイメージで結構見られていた」とし、あだ名は「ホラッチョ」だったという。もう1人の高校の同級生という男性は「小学生が言うようなウソをついていた」と言い、お菓子のおまけに付いているおもちゃを見せて「自分の家で作っている」などと言っていたという。あだ名は「おっぺけぺー川上」だったと話した

クォーターといえかなりの濃い。鼻に限らず全体的にかなりなソース顔。

この鼻の付け根はなんか不自然なんだよな~
本格的な切ったりの整形ではなくてヒアルロン酸
なんかちょいちょい入れた?って感じ

みんな気になっていたのは、不自然な鼻

確かに鼻にプロテーゼが入ってそうだよね

あの鼻が整形とわかってスッキリした
「あんなバレバレなのにひょっとしたら整形じゃない可能性もあるのか?」とずっと気持ち悪かった

日本人やさしいから先天性や事故や病気の可能性を考えちゃうからね

鼻の隆鼻注射(ヒアルロン酸)は判り易いけど上瞼切開は
加齢によるシワや痩せた場合もあるから断言できないな
一見では涙袋も膨らませてる感じがある

これで本人が鏡やら写真みて今回は打ち過ぎたなとか思わんのかね

もうちょっとメジャーになって活躍してからだったらなあ
これからって時にバレちゃったから映画化しても
イマイチ盛り上がりに欠けそうw

鼻にえげつない位の異物が埋まってる

鼻で相当印象変わるんだな

▼疑惑のショーンKに YES! 高須クリニック

週刊文春の報道で学歴詐称が明らかになり、整形疑惑さえ指摘された“ショーンK”こと経営コンサルタントのショーン・マクアードル川上氏(47)について、高須クリニックの高須克弥院長が16日、ツイッターで有名な結婚詐欺師の「クヒオ大佐」を例に出し、川上氏の整形疑惑を否定しなかった。

ハーフ顔を望まれる患者様は昔からいらっしゃいます。珍しくありません。クヒオ大佐をご存知ですか? twitter.com/gyu__jiru/stat…

眉間の筋トレで短期間に作れます。あなたも望まれるなら、ただでデュカプリオやブラッド・ピットの眉間が作れます。僕は暇さえあれば眉間を寄せる筋トレで6ヶ月で作りました。飽きたら注射で戻します。 https://t.co/UOzJbVtzvW

目と眉毛の距離を縮めるのは簡単です。上まぶたのたるみを切り取って額にボトックス注射すればよろしい。 変え放題はやりません。事故で眼窩縁骨折をすると眼窩の形が変わります。3Dのシミレーションしてから治療します。 twitter.com/Naoko_Imadokoy…

怒りを込めて鏡に向かって睨み付けなさい。だんだん眉間の筋肉が盛り上がってデュカプリオみたいになってきます。飽きずに6ヶ月続けなさい。飽きたら高須クリニックに治しに来なさい。治療費用は払ってください。 twitter.com/t1LWycuUoGf8np…

前の顔さえ封印すればばれません。初対面の人にばれないような手術が僕の売り物 twitter.com/satsukinanase/…

外見も詐称された疑いが強い。プロフィルでは米国人と日本人のクオーターと紹介されているが、故郷は熊本で高校の卒業名簿の名前は「川上伸一郎」。文春に掲載されている高校時代の写真からは現在の姿は全く想像できない。ネット上には2000年ごろ、声優事務所に所属した時の写真もあり、こちらも端正な顔立ちながら和風テイストだ。

 一体どうやって「ショーンK」になったのか? 美容整形のパイオニア「高須クリニック」の高須克弥院長に聞いた。

「簡単ですよ。顎や鼻を前に出したり、すべてのパーツを立体的にすればいい。ヒアルロン酸を注入する方法なら全部で50万円ほどでできる。もちろん定期メンテナンスは必要。ヒアルロン酸は時間が経過すると(肌が)吸収しちゃうから」

川上氏のパーツで最も特徴的なのは眉間から伸びる鼻筋だが、高須氏は「いまは自分の指の骨などを鼻に移植する方法がある。50万円くらいかな。これだと永久。あとは細胞を培養して人工骨を作り、それを移植するやり方。完成後の顔は3Dプリンターを使ってシミュレートするけど、本当にその通りになりますよ」と語る。

週刊文春の報道で学歴詐称が明らかになった“ショーンK”こと経営コンサルタントのショーン・マクアードル川上氏(47)について、川上氏と別曜日でフジテレビ系「とくダネ!」のコメンテーターを務めている実業家の夏野剛氏(50)が16日、「これで整形業界の需要は増える」と、経歴詐称とは違う面への感想をツイートした。

経歴の詐称はよくないが、ショーンKさんはメディア人格としては立派に成立していたんだと思う。ただ不謹慎にも、僕もハーフっぽく整形したらもっとモテるのかな、とか思ってしまった。彼女とか家族とかにはどう説明してたんだろ。これをきっかけに整形業界の需要は増えるような気がする。

メディアの寵児になりかけたところで一転、経歴詐称オンパレードで話題になってしまった「ショーンK」こと、川上伸一朗氏。経歴詐称に加えて、イケメンコメンテーターとして話題だったあの“顔”も、作られたものだと報じられ、大騒ぎに(本人はコメントせず)。

「ヒアルロン酸を注入する方法なら、簡単に”ハーフ顔”が作れますよ」という、高須クリニックの高須克弥院長(http://www.takasu.co.jp/)に聞きました。

——誰でも簡単に、ショーンK氏のような“彫りの深い顔”になれるものなんでしょうか。

「なれますよ! ただ、簡単かどうかは“元の顔”次第だね。ショーンKみたいに、もともと彫りが深いタイプだと簡単ですよ。あごとおでこをちょっと出して、鼻を高くするだけでいい。ヒアルロン酸の注射を5本ぐらい打てばいいんじゃないかな。あと、髪を茶色に染めて、カラーコンタクトをつければ完璧ですよ。

 ただ、これはあくまでも“顔”だけの話ね。体型もハーフっぽくしたいとなると厄介。頭を小さくしたり、足を長くするのは難しい。だから、たいていボディは無視するよね。

 ハーフ顔だけど、やたら頭が大きかったり、足が短かったりしたら、怪しいってことだね」

——そう言えば、ショーンKもどちらかというと日本人体型でしたね……。

「テレビのコメンテーターだと座って話すから、うまい具合にごまかせるというのは盲点だったね。体型でいうと、デーブ・スペクターもかなり日本人に近い。彼はホンモノのアメリカ人だけどさ。

 デーブ・スペクターとショーンKを並べて、『どちらかは、日本人なのに、外国人だと嘘をついています。さて、嘘つきはどちらでしょう」とクイズをしたら、デーブを選ぶ人もいるかもね」

1 2