1. まとめトップ

リベンジポルノ相談1143件…若年層を中心に被害が広がっている

リベンジポルノの警察への被害相談が、昨年1年間で1143件あったことが17日、警察庁のまとめで分かった。ニュースをまとめ。

更新日: 2016年03月18日

2 お気に入り 9318 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

isaaccさん

○リベンジポルノ相談1143件

リベンジポルノの警察への被害相談が、昨年1年間で1143件あったことが17日、警察庁のまとめで分かった。

元交際相手のプライベートな画像をインターネット上に流出させるなど、いわゆる「リベンジポルノ」の被害の相談は1143件でした。

ネット上で知り合い、会ったこともない相手に自ら撮影した画像を送り、被害に遭うケースも出ている。

○リベンジポルノの年間統計が初めて発表された

リベンジポルノを規制する私事性的画像記録の提供被害防止法が施行された2014年11月以降、年間統計の発表は初めて。

相談を受けた1143件中53件を私事性的画像被害防止法違反で、250件を脅迫やストーカー規制法違反、名誉棄損など刑法・特別法違反で検挙した。

相談の1割超は、直接会ったことがなく、ネット上のつながりしかない相手による被害だった。

○ネットでもリベンジポルノについて話題になっている

そういやリベンジポルノ事案の半分くらいは交際相手起因ではなくネット繋がり起因なんだってなwww 怖いインターネッツですね(*^^*)

○相談内容の内訳は?

「画像を送りつけられた」は245件で、実際に「画像を公表された」は188件に上った。

被害者は女性が91・1%で、加害者は交際相手(元交際相手含む)が63・4%、インターネットのみで交流する知人・友人が11・4%。

○若年層を中心に被害が広がっている

20代以下が約6割で、若年層を中心とした深刻な被害の実態が明らかになった。

被害者のうち20代が38%、30代が22.5%、未成年も19.5%おり、若い女性の被害が目立った。

○リベンジポルノとは?

元交際相手や元配偶者の性的な写真・動画などを、インターネット上で不特定多数の人に公開する嫌がらせ。

相手の裸の写真や動画など、相手が公開するつもりのない私的な性的画像を無断でネットの掲示板などに公開する行為を言う。

1 2