1. まとめトップ

THERMOS(サーモス)ややこしい操作無しで簡単に本格的なアイスコーヒーが作れる!

皆さんはアイスコーヒーを自分で淹れたら、どのぐらいの手間をかけますか?このアイスコーヒーメーカーに任せれば、本格的な美味しいアイスコーヒーをボタン一つで手軽に作れますよ。良かったら、お気に入りにどうぞ。

更新日: 2016年03月18日

5 お気に入り 3650 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

perecoさん

自宅でアイスコーヒーってどんな作り方してますか?

一つは、
こだわりのコーヒーを淹れるなら、お気に入りのコーヒー豆から挽き加減を調整したり、ドリッパーやサーバーを用意してお湯も丁寧に注いで蒸らすといった手間がかかります。
その手間をかけた分、最高のコーヒーが出来上がります。

また一つは、
手軽にインスタントコーヒーで作って、氷を入れたカップで簡単にアイスコーヒー作ることも出来ます。

それぞれ好みがありますよね。

どんなアイスコーヒーメーカー?

左のカラーは「バニラホワイト/VWH」
右のカラーは「ミントブルー/MBL」

給水タンク容量 : 0.31 L
サーバー容量 : 0.66 L
消費電力 : 400W
本体寸法/幅×奥行×高さ(約cm)18×28.5(サーバーハンドル部含む)×32.5

特徴は?

二重構造のサーバーに氷を入れ、コーヒー粉と水をセットしスイッチを入れるだけ。

アイスコーヒーに最適な香りと深みを出すため、マイコンで蒸らし時間を制御し、長めの時間でじっくり抽出します。
抽出したコーヒーは、氷に直接ドリップし急冷するので、透明感のあるコーヒーに仕上がります。

ドリップが完了するとブザーがお知らせ、自動的に電源が切れる安心・省エネ設計です。

操作は簡単、手間がかからずに手軽にアイスコーヒーが作れますよ。

大きな特徴は、抽出したコーヒーを受け止めるサーバー。
サーバーは二重構造だから、氷が解けにくく冷たさ長持ち、結露もしにくい設計です。

また、広口で大きな氷も入れやすくお手入れも簡単、注ぎやすく、液だれしにくいのも嬉しい特徴です。

安全面にもこだわり、ドリップ中にサーバーを外すとしずくが止まるドリップストッパー機構を採用しました。

使い方はとても簡単です!

1. フィルターをドリッパーにセットし、コーヒー粉を入れる
2. 給水タンクに作りたい杯数分の水を入れる
3. サーバーの「▼こおり▼」の位置まで氷を入れ、フタをして本体にセットし、スイッチオン
4. ブザーが鳴ったら出来上がり!!

美味しいアイスコーヒーを飲みませんか?

一台あるだけで、手軽にアイスコーヒーを作ることができます。

大きめなサーバーなので、家族や来客時にも直ぐに作れて出しやすいと思いますよ。

注ぎやすい口で、こぼす心配が殆どありません。

1