ノックや円陣での金銭授受について、有識者やスポーツライターは「賭博行為の入り口になる」「けしからん」などと批判しているが、元プロ野球選手の愛甲猛氏(ロッテオリオンズ<現・千葉ロッテマリーンズ>、中日ドラゴンズで活躍)は「この2つは、まるで違う問題だ」と反論する。

出典愛甲猛氏が語る「野球賭博と円陣・練習での金銭授受は、まったく別の問題」 - ライブドアニュース

次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

プロ野球賭博、愛甲猛が仰天暴露!「ノックや円陣での賭けは球界の伝統」

笠原氏と松本氏は「週刊文春」(文藝春秋)誌上で「トランプや麻雀、練習中のノックでもお金を賭けていた」と暴露した。そして、高木投手の会見の数日後には、巨人の選手間で、試合前の円陣や練習のノックの中で金銭のやりとりが発生していたことが明らかになった。

このまとめを見る