1. まとめトップ
  2. 雑学

桜の季節がやって来た!私たちが桜を好きな理由って知ってる?

そろそろ桜の季節!心がウキウキする春がやって来ます。長い歳月の中で、日本の暮らしに馴染んできた桜の花。春を象徴する桜を私たちがこんなにも待ちわび、好きでいる理由をまとめてみました。

更新日: 2016年03月21日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
56 お気に入り 34432 view
お気に入り追加

▼やって来たよ!桜の季節♡

▼桜と言えば、やっぱりお花見!

「花見」と言えば桜の花を眺め、愛でることですが、ご馳走と共に桜の美しさや華麗さを味わうだけではなく、周囲の風情との調和や雰囲気までをも楽しむことができれば、さらに充実

花見が広まったのは、江戸時代。徳川吉宗公が江戸の各地に桜を植えさせ、庶民の日頃の不満を解消させるために花見を奨励してからと言われています。

花見の起源は、奈良時代に中国から伝わってきた梅を貴族が観賞したのが始まりといわれています。その後、平安時代頃から、観賞の対象が梅から桜へと変わっていきました。

農民にとって、花見は豊作祈願の行事でもありました。冬になって山に帰った田の神様は、春になると里へ下り、桜に宿ると考えられていたため、桜のもとで田の神様を迎えて祝い、花がたくさん咲いて豊作になるよう祈った

▼みんなのところも少しずつ桜が咲き始めててキレイ!

桜咲いてた~ ソメイヨシノじゃないけど。 雨上がりの青空にピンクの花びらが映えてキレイです( ✿˘︶˘✿ ) pic.twitter.com/yHk3KKJdXQ

▼実はすごい!桜のパワー!

桜には体にたまった悪い気を取り除き、本来の魅力を高め、
良い運気を呼び込んでくれる浄化・開運パワーがある

桜吹雪を浴びると、人間関係の厄落としにもなる

□私たち日本人が桜の花を愛する理由は他にもこんなにあった!

・長い歳月の中で日本の暮らしに馴染んで来た花だから。

厳しい冬が過ぎ、新たな年の始めを知らせる桜。
日本人にとって、桜は春の訪れを告げるもの。

日本で花といえば桜を指すようになったのは平安時代。
以来、人々は桜に様々な気持ちを込めてきた。

「冬を乗り越えて」、「春の暖かさを待ちに待っている」、きっとあなたの心も、知らず知らず「日本人」の心いっぱいになってる

1 2





lulu0803さん