1. まとめトップ

水で走る車が発明された!この発明家は殺された!しかし2017年にこのクルマが商業化決定!?

1992年、殺される前の貴重な水で走る車をすべてを解説した映像を見つけました。37分の長い映像ですが車に詳しい人が見れば、簡単な特殊なチューブと水エネルギー装置で既存のガソリン車が改造できると解説しています。

更新日: 2018年08月25日

10 お気に入り 137941 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yoshio5952さん

水1リットルで500km走るバイクが発明される

水で走るエンジンを開発した人達の凄惨な末路!

そもそも、この技術は、ロジックとしてかなりまえからあったと思う。水で走る車つうやつ。 論理的には可能でだったけども、実現寸前で潰されてたな〜。

先日、「水で走る車」の記事で、多くのシェア、また 賛否様々なコメントもいただき、盛り上がってるところで、 いきなり記事を閉じてしまい失礼しました。これに関しては、 様々な議論のなかで、別に感情的になったわけでも、... fb.me/1wdLKdeTq

[Technity 他]イギリスで水から炎を作り出す技術が開発される / 水と空気で走れる電気自動車が2017年頃にルノー・日産から実用化の見通し 〜身近にある水が、宇宙への扉� fb.me/Q4tB1py1

水と空気で走れる電気自動車が2017年頃にルノー・日産から実用化の見通し - GIGAZINE gigazine.net/news/20140614-… 燃料電池車みたいなくそアホらしいインフラ費用が不要だ。素晴らしい。

簡単な特殊なチュ-ブと水エネルギー装置で既存のガソリン車が改造できると解説しています。

スタリーメイヤー氏は「自分の発明がエネルギー資源の無い国の人たちに活力を与えるであろう。環境問題にも多いに貢献し、富の格差をすくなくし、人々が幸福に生きる手助けになることを期待する、彼の死後、1000人に及ぶ後継者が国家権力の目に届かないところでスタン氏の意思を継いで更なる改良を加えて発表できる日を待っている。」というあとがきでこのビデオは終わっている。

スタンリーメイヤー氏が政府により殺害された事を追求するテレビ放送

日本では、鹿児島のベンチャ企業が発明した水で走る車がNHKのニュースで放送されましたが、その後不思議なことに消息がなくなり、NHKの映像もYOUチューブから消えました。

その後、どうした訳か、同じような装置で、大阪の企業がマスコミをあつめて、公開実験をして世界中に公開した。世界中が注目したが、なぜか、その後、その会社のホームページはすぐに閉鎖された。ネット上では、永久機関の詐欺の汚名を着せられて、日本では、水で走る車は嘘であったと言うキャンペーンがくりかえされた。その結果日本では水で走る車は詐欺であるということが定着した。

しかし、同じアジアで、フイリッピンのこのニュースがリリースされた。フィイリッピンの発明家はどうなるのだろう?殺されるかもしれませんね。
どうして、石油にかわる水を燃料として使用できる技術開発を日本は進めないのだろうか?日本が使用するガソリンは約6000万キロリットル、リッター150円として9兆円の市場が失われる訳だから、水がガソリンに置き換われば石油会社が倒産する。

電力売り上げが15兆円、そのうち燃料代が半分の8兆円である。合計すると17兆円の市場(パチンコ業界の25兆円に比べれば少ないが)が奪われるので既存利権勢力にとって、最大の危機となる。しかし、日本人にとって原油を購入する為に外国に支払う17兆円が国内に使われる訳であるからGDPの増加に貢献すると思う。

ガソリンを使用しない空気で走る車がインドで近日中に発売される。勃興するアジア諸国にとって、石油に頼らない自国のエネルギー資源確保が至上命令である。また、欧米資本以外の大企業は世界を今まで支配してきた勢力と対立している今だからこそ、隠された新技術が公開される日が近いと思う。

水と空気で走れる電気自動車が2017年頃にルノー・日産から実用化の見通し

トヨタ・プリウスに代表されるハイブリッドカーが街中にあふれ、さらにニッサン・LEAFのように100%電気の力で走行するEV(フルEV)の姿を見かけることも多くなってきましたが、今度は水と空気を燃料にして走行する「空気アルミニウム電池自動車」の開発が進められています。

2017年にはルノー・日産アライアンスによって実用化される予定であることも明らかになってきたこの技術は、従来のガソリンの替わりに普通の水をタンクに給水し、アルミニウムと反応する際に生じる電力をエネルギーとして利用するというもので、理論上は1600kmという距離をノンストップで走り続けることが可能とされています。

1 2