1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

松島みどり議員に非難の嵐!国会中に居眠り、携帯、大あくび、読書

松島みどり元法相の居眠り、携帯、大あくび、読書が問題となっています。それを行った場所が衆院外務委員会だったからです

更新日: 2016年03月20日

happystar12さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
37 お気に入り 192488 view
お気に入り追加

問題となったのは3月9日の衆院外務委員会

自民党の松島 みどり元法務相。9日に行われた国会の委員会での松島議員の振る舞いが、問題視されている。 fnn-news.com/news/headlines… pic.twitter.com/n7rMVS3nwi

席は岸田文雄外相(58)の隣。松島氏の姿は、岸田氏が答弁に立つたび国会のネット中継のカメラにしっかりと映ることになった。

松島氏が座ったのは、答弁に立つたびカメラに映る岸田外相の真横の席だ。髪はボサボサで、明らかに眠そうな表情。ホンの数分でウツラウツラしだした。

答弁する岸田文雄外相の横で、携帯電話を操作したり、居眠りしたり、あくびしたりする場面がインターネット中継で映し出された。

岸田外相が答弁する脇で、大あくびをしながら読んでいた本は、いったいどんな本なのか。タイトルを見てみると、「世界最強の女帝メルケルの謎」。

朝のワイドショーで松島みどりが審議中に寝たり、携帯いじり、読書していたとの特集。読んでいた新書は『世界最強の女帝 メルケルの謎』らしく、千原ジュニアは「恥ずかしくないか、芸人が『チャップリンの謎』とか読んでるのと同じでしょ?」 pic.twitter.com/A35MHUUgM6

批判の声が圧倒的

自民党松島みどりさん国会委員会中に居眠り、携帯いじり、読書! こんな国会議員に年間何千万円の税金を使っている現実・・・皆さん 許せますか?

自民党の松島みどり議員、岸田外務大臣の質問席の横で、携帯いじくり、大口あけて大あくび、そして読書ときたもんだ!なに、この様は! 緊張なし、品もなし。 この人にも、年間数千万円の税金が投入されている。 たるんだ空気がたるんだ醜態を生む。

松島みどり、この人の下品な態度、表情には驚く。よくもこんな態度を職場でとれるものだね。品性卑しく、裏表のある方なんだな。国会にこんなのが多いなら国家として恥ずかしく寂しい。

ショーン川上氏があれだけ叩かれ全て失ったのは自業自得だとは思う。しかしながら、彼があれだけ叩かれるなら松島みどりはもっと叩かれるべきだと思う。ワイドショーやメディアは叩く対象を間違えてないかな? #松島みどり #松島元大臣 #ショーンk

松島みどり氏は法務大臣(第94代)などを歴任したこともある

2000年の第42回衆議院議員総選挙では比例東京ブロック単独で出馬し、初当選。

自身のイラストや名前が入ったうちわを選挙区内で配っていたことが寄付行為にあたると国会で追及され、2カ月たらずで辞任した。

”うちわ問題”で告発されていたが不起訴処分になった

東京地検特捜部が、選挙区内でうちわを配付した松島みどり前法務大臣を、不起訴処分としたことが分かった。

告発状によると、松島氏側は平成26年、1万5千本(1本当たり約68~135円)のうちわを作製し、選挙区内の盆踊り会場で有権者に配布したなどとしていた。

松島前法務大臣は、「ビラであって、うちわの形をしていても、うちわではない」旨の発言をしていた。

今回の行動について松島議員は反省しているみたいだけど?

『反省だけなら猿でもできる』 あッ 松島みどりは猿以下だったね。 pic.twitter.com/IqnMAeOX6C

松島議員は18日、「わたしの所作につきましては、弁解の余地もございません。深く反省しております」というコメントを出した。

野党に「緩み」が指摘される自民党議員の中でも度を超えた醜態で、今後批判の拡大は必至だ。

1 2





happystar12さん

私のまとめ記事を読んでいただいてありがとうございます。

今年の目標は一人焼き肉です。

https://twitter.com/happystar012

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう