1. まとめトップ
  2. ガールズ

メイクで隠せない…年齢が出る髪・首・手のケアでいつまでも美しく

いつまでも美しくいたい…これは女性の願いですよね。でも、段々と年齢を感じる部分は出て来るもの。特に髪、首、手はメイクではごまかせない部分でもあるのでしっかりとしたケアが必要です。10年後も20年後も美しくいるために、今から始めたいケア方法をまとめてみました。

更新日: 2016年03月27日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
501 お気に入り 148736 view
お気に入り追加

▼出来ればいつまでもずっとキレイでいたい!

ここ何年も自分磨きを怠っていたなーとつくづく感じています^^;今からでも遅くない!いつまでもキレイでいたい(o^^o)努力しなくちゃ~

美容液とか届いたから、今日から肌の手入れをきちんとやる! ずっと肌キレイでいたい!

10年後の肌はどうなっているかということを考えている人は少ない

▼特に年齢が出る3つのパーツを知っていますか?

①「髪」

今、髪色を明るくしたり、パーマをかけたりと楽しめていても、ケアを怠っていればツヤがなくなったり、毛が細くなったりする可能性があります。

年齢を重ねるにつれて、ボリューム感やハリ、ツヤが失われていく髪の悩み。若い頃と同じようなケアでは限界があります。

若さの特権ともいえるみずみずしさを取り戻すために真っ先に取り組むべきなのが、髪。貧相さや不潔感、あるいは疲れた生活感を感じさせないためには髪のツヤが大切

・ボリュームやツヤのない髪、傷んだ髪は老けて見える。

人の印象を左右するのは、顔立ちやスタイルだけではない。
実は「髪質」も大切な要素

まとまりのない、パサついた髪の毛は「手入れ不足」や「清潔感のなさ」を感じさせてしまいます。

→ケアを始めよう!

ブラッシングには、必ずブラッシング専用ブラシを使うこと。目の細いくしやブロー用のロールブラシは不向きです。
素材は、静電気を発生させず毛先の柔らかいものがベスト。

根元から毛先に向けてブラッシングすることで、髪全体に皮脂をゆきわたらせ、つややかでうるおいのある髪をつくります。

シャンプーの時に重要なのは、洗うよりも「よく流す」ことなのです。洗浄成分は髪や頭皮に残っていると、よくありません。

手にとったシャンプーは必ず泡立ててから髪につけてください。そうしないとシャンプーが頭全体に行き渡らず、洗い残しをつくる原因になってしまいます。

熱すぎるお湯は頭皮の乾燥をまねいたり、逆に皮脂の過剰分泌につながるので注意しましょう。38度前後の少しぬるいかな、と感じる温度がベストです。

日々のシャンプー&コンディショナーにスペシャルケアとして、洗い流さないトリートメントやオイルなどをプラスして水分を閉じ込めるようにしましょう。

髪はトリートメントで髪内部を充実させ水分保持力を上げておく、その後、コンディショナーの適度な保護で、しっとりさらりを演出し、髪の傷みにくい状態を維持することが大切です。

シャンプーの後も保湿効果の高いトリートメントを使ってください。また、髪の毛の水分が奪われないように、ヘアオイルをつけてからドライヤーを使うなどすることで髪の毛の保湿ができます。

1 2 3





lulu0803さん