1. まとめトップ

モンゴル人が野菜をまったく食べないのに長寿で健康な理由はアレだった!!!

モンゴルには野菜がまったく育ちません。なぜ彼らは野菜を食べずに健康でいられるのでしょうか。

更新日: 2018年04月24日

9 お気に入り 90716 view
お気に入り追加

【ウヴス湖】モンゴル最大の湖。馬乳酒を造るときに発生する滓を意味するモンゴル語に由来する。テス川ほかが流れ込む。周辺の盆地にはユキヒョウやアイベックスといった希少種が生息する上、ツンドラ、ステップ、タイガ、砂漠などの環境が混在しており、「ウヴス・ヌール盆地」として世界自然遺産に。

モンゴル人の歯がきれいな理由とは?

遊牧民の口を見てみよう!
誰もがきれいな歯をしている。歯を磨いたことのない人々がほとんどだ。どうしてだろう?ゆであがった骨付き肉を、前歯で肉を引きちぎって食べている。なるほど前歯は食べ物を切る包丁の代わりなのだ。
そうか!ヒトに前歯と奥歯があるのは、まず前歯で食べ物を咬み切って,奥歯で噛みなさいと言う意味だ。
遊牧民は、歯や口の機能を最大限に使って食べている。これがきれいな歯の秘密だな。現在の日本に満ちあふれている加工食品は、口汚す元凶だ。

草原の国の健康おやつは干しヨーグルト

形は違ってもどちらもモンゴルの乾燥チーズ「アーロール」です。
ずっとうちの冷蔵庫に保存してあり、9年経っても見た目変わりないので撮影してみました。

1993年私たちがモンゴルへ行ったのは夏「乳製品の季節」でした。
冬は氷点下閉ざされた生活で、肉食中心だそうです。
モンゴルの乳製品は羊、山羊、馬、牛、らくだ、ヤクなどの家畜の混合乳からつくり、
加熱、攪拌の過程で、最初は表面に浮いて分離した脂肪分の高い
生クリームとクロテッドクリームのあいのこのようなリッチな「ウルム」ができます。
「ウルム」は一番贅沢な、日持ちがあまりしない乳製品。お祝などには欠かせないようです。

日本最大級のモンゴルの祭り「ハワリンバヤル」で出会ったモンゴルのお菓子たち。そのひとつが「アーロール」。はヨーグルトの一種でゲルの屋根に干して作る珍しいものだった。

1 2