1. まとめトップ

公認会計士必勝法!2分で分かる公認会計士一発合格必勝法まとめ!

公認会計士の受験離れによって合格者数も減少している今だからこそ…合格への近道とは!?

更新日: 2016年07月08日

25 お気に入り 42109 view
お気に入り追加

「会計」に携わる資格で、最高峰の資格である「公認会計士」。会計のプロである公認会計士の社会的ニーズは高まる一方だと言います。かつて公認会計士試験に合格したにも関わらず就職出来ない人があふれた次期があったためか、現在では受験離れが進み合格者数も減少の一途を辿っている事もこの背景にあるでしょう。

スクール選びは?!結局は自分の努力次第?!

自分で勉強して合格する。。。と言うのは途方もない事に思えるのも事実。そこで問題となるのは「どこの受験指導校を選べば良いのか」と言う点。「自分の努力次第」と言う事ももちろんあると思いますが、ただ分厚いテキストにかじりつけば合格出来るのか。。。そんな訳もありません。どの指導校も通信講座も同じに見えてしまっている人も多いのではないでしょうか?

合格への近道は非常識な合格法!?

口コミで気になるものを見つけました。「非常識合格法」一見なんだそれ!?と思いましたが、ここでは「採点のカラクリ」や「落ちるパターン」など、実際に公認会計士として前線で活躍する方の様々な解説が記載されていました。確かにただ単に知識を詰め込むだけで合格出来るものでない以上、こういったカラクリなどを理解し、要点よく頭に入れていく事が合格への第一歩なのかもしれません。

ライバルが少ない今だからこそチャンス!?

公認会計士は旧司法試験に次ぐ難易度かつ、実務研修や講習等も含めると資格取得までに5年程度はかかる事もあり、その難易度ゆえ、合格者排出以前の受験者減少の背景にもあたるのかもしれません。ですが、社会的ニーズは高まる一方であり、受験者数そのものが減少している今だからこそ、チャンスもある、と言えるのではないでしょうか?

▼公認会計士講座を受けられる予備校の一覧(一部です)

スクール選びは悩みの種?!目指す人の声

大学生活約2年間をかけて公認会計士の資格とるか迷う

やはりどこのスクールを選ぶか…目指す人の多くが最初に悩む点のようですね。

まとめ

資格に合格するには様々な指導高や通信講座があるのが実状です。
合格できるかどうか、それは受験者にとって人生を大きく左右する事と言えます。
いかに良いところを選ぶか、と言う事も確かに大事な事だと言えるでしょう。
ですがやはりその上でも「自分自身」の努力あってのものとなりますよね。
自分に合った最良のスクールを選び、その上で最良の努力をする。
これが合格への一番の近道といえるのかもしれません。

1