1. まとめトップ

【マニア必見!】もののけ姫の”こだま”はなぜ頭を振るのかご存知ですか??

ジブリ映画の名作、もののけ姫に出てくるこだま。皆さんはあのこだまがなぜあれほど首を振るのかご存知でしたか?様々な憶測が流れています。有力な情報をまとめてみました!

更新日: 2016年03月21日

2 お気に入り 63118 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

そもそも”こだま”とは

だいだらぼっちが登場するシーンや、何万体ものこだまが降ってくるシーンは特徴的ですよね。

豊かな森に宿る「樹の精」らしい。人間に対する敵意はなく、アシタカには大変親しげである。 
 これは、宮崎監督が木々の生命をヴィジュアル化したものと考える。森を破壊することは、莫大なコダマを殺すことにもなるのだ。

大樹や森に生じる音の精霊を「コダマ」として信仰する伝承も、かつては日本各地にあったそうで、私たちが知らないだけで昔から存在するものなのです。

呼吸説

この説で前提としてあるのが首は一回転していないという事である。首と頭の間に空間があり、首を振ることで空気の入れ替えを行っているというものである。

しかし、森の精ということから言えばこだまは植物と同一であるという見方をすることもできる。植物は気孔という穴で空気の入れ替えを行っている。こだまの代表的な顔のシルエットが気孔に代替するものとも考えることもできる。

首を振ることで呼吸するのか、顔の穴で呼吸するのか。

はたまた彼は植物扱いではなく”もののけ”で呼吸はしないのか。

解明はされていない。

言葉説

出典p.twpl.jp

動物は大抵の場合共通した声がある。同様にこだまも『カタカタ』という音を鳴らすことで通話、言葉を発しているのではないかという説。

人間が口を動かすことで言葉を伝えるように、こだまも首を振ることで話しているのではないかと思われる。

こだまが最も首を振り、カタカタと鳴らす場面が多いのはだいだらぼっちが登場するシーン。

こだま達は主人ともいえる、だいだらぼっちが巣へと帰るとき一斉にカタカタと音を鳴らすシーンでは何を伝えているのでしょうか。

いずれにしてもこだまと同じ言語形態をもたない我々にとっては何を話しているのかわからないものです。

習性説

蝉の中で鳴くのはオスのみ。メスに自分をアピールするために鳴きます。自分の存在を示すために鳴いているのです。

いずれにしてもだいだらぼっちのシーンで鳴いていた姿やアシタカが治療に向かうシーンなど大勢のこだまが鳴いていたことを考えると一番有力な説かも知れません。

彼に存在を示すことが何かこだまたちにとって価値のあることなのでしょう。

謎は謎を呼び、答えは見えないまま

ラストシーンで、破壊の爪痕残る森の深部には、一人ぼっちのコダマがいる。これは、森の生命がこれから復興するのか、衰退するのかは人間次第という暗示ではないか。

宮崎監督の口から真相を聞けるのはいつになるのでしょうか。

豆知識!こだまは将来のトトロ!?

宮崎監督自ら語っているもの。
進化の過程は気になりますが監督自ら語っているので本当なのでしょうね。

1