1. まとめトップ

ミドリムシって何?

ミドリムシ(緑虫)は、ユーグレナ植物門ユーグレナ藻綱ユーグレナ目に属する鞭毛虫の仲間であるミドリムシ属 Euglena の総称。Euglena の由来は、(eu 美しい + glena 眼点)。名称としてミドリムシの代わりに「ユーグレナ」を用いる場合も多い。古くはユーグレムシの名称が使われたこともある[1]。本項目では E. gracilis や E. proxima などを含む、典型的なミドリムシに関して記述する。

動物と植物の両方の特徴を持ったミドリムシは、淡水で育ちます。
また、和名では「ミドリムシ」と言いますが「ムシ」ではなくワカメやコンブと同じ「藻」の仲間。
緑色の体で植物のように光合成を行って栄養分を体内に蓄えるだけでなく、動物のように細胞を変形させて移動することもできます。
このように生物学上で植物と動物、両方の性質を備えている生物は大変珍しい存在です。

ミドリムシは栄養が豊富!

動物と植物の両方の性質を備えているミドリムシは、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、不飽和脂肪酸など、実に59種類もの栄養素を備えています。人間が生きていくために必要な栄養素の大半を、ミドリムシは含んでいるといっても過言ではありません。

ミドリムシにしか含まれない「パラミノン」という成分が腸内の油分などの余分なものを排除するという働きをしてくれるため、血液サラサラ効果だけでなく、コレステロールの減少効果や小腸に溜まった有害物質を吸着して排出する“デトックス効果”も得られるということです。

アディポネクチンと呼ばれる血液中の善玉物質を増やす働きをしてくれる成分を増やしてくれる効果もミドリムシにはあると言われており、
メタボ解消の効果も期待することが出来ます。

燃料としても使える!

ミドリムシからは非常に軽質なオイルを抽出・精製することができ、それをバイオ燃料として活用することも可能なのだ。トータルで二酸化炭素を増加させないクリーンエネルギーのため、温暖化対策としても効果的だ。

飛行機の燃料であるジェット燃料には、軽油のように軽質な燃料が必要で、その軽油よりもっと軽質な灯油が利用されています。ミドリムシは、抽出・精製されるオイルが軽質であるため、他の植物微細藻類に比べてもジェット燃料に適しています。

1





2wief7aasdさん