1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

120キロに?高速道路「最高速度引き上げ」に賛否の声も‥

警察庁は24日、新東名高速などの高速道路の一部区間最高速度について、条件を満たせば時速100キロから段階的に時速120キロまで引き上げる方針を決めました。

更新日: 2016年03月24日

kyama77さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
28 お気に入り 63165 view
お気に入り追加

●警察庁が高速道路の最高速度を120キロまで容認した

警察庁は24日、新東名など高規格の高速道の一部で一定の条件が整えば、

最高速度について現行の100キロから120キロへの引き上げを容認すると決めた。

・100キロ超への引き上げは、名神高速道路が開通して以来初めて

規制速度と実際の走行速度の差をなくし、高速道の有効利用を促すのが狙い。

試行時期は未定だが、100キロ超への引き上げは、1963年に日本で最初の名神高速道路が開通して以来初めて。

●最高速度引き上げの対象

(1)見通しが良く設計上の想定速度が120キロである(2)事故の発生が少ない

(3)実勢速度が100キロ以上(4)渋滞の発生が少ない--などの条件を満たす区間。

・引き上げの試行が予定されている場所

引き上げの試行が予定されているのは、静岡県の新東名高速道路の御殿場ジャンクションから浜松いなさジャンクションの間と

岩手県の東北自動車道の花巻南インターチェンジと盛岡南インターチェンジの間です。

・大型貨物車は、現行の「80キロ」を維持する

試行結果を踏まえ順次、速度を段階的に引き上げ、対象路線や区間も拡大する。

●警察庁は、昨年6月から実態調査を行っきた

警察庁は有識者からの提言を受けて、車の走行の実態に合わせた最高速度の引き上げを検討してきました。

120キロに対応可能な7路線のうち、実際の走行速度が100キロを上回る区間について、標準的な高速道と比較したところ、事故の発生率が4割低いことが判明。

・アンケートでは、約4割の人が「不安を感じる」と回答

一方、最高速度が上がると走行車両同士の速度差が大きくなることが考えられる。

警察庁が高速道路の利用者を対象に行ったアンケートでは、速度差の大きい車が混在することに約4割の人が「不安を感じる」と回答

1 2 3





お気に入り登録してくださった方ありがとうございます。
気になることやみなさまのお役に立てるようなまとめを作っていきたいと思います。



  • 話題の動画をまとめよう