1. まとめトップ

やっかいなニキビやニキビ跡もおまかせ!レーザー治療で目指せ美肌♡

医療機関で行われているニキビを治す方法として、「レーザー治療」があります。ニキビができた肌に異なる波長のレーザーを照射して小さな穴をたくさん開けます。そしてその穴から古い角質、皮脂などニキビの原因となるものを溶かして毛穴の詰まりを改善してニキビを治す方法です。

更新日: 2016年03月24日

1 お気に入り 2024 view
お気に入り追加

みんなニキビで悩んでた!!

明後日前撮りなのに過去最悪のニキビ今日も深夜練だし肌荒れ回復する見込みがない

口周りのニキビひっどいんだけどレーザー治療したい

あ、ニキビってどーしたら消える? こんなやついらんよ? ニキビーどっかいけーい! ってゆーてなくなったら苦労しやん笑

ニキビにはレーザー治療が有効!

レーザー治療にはさまざま種類があるとお伝えしましたが、大きく分けるとニキビ跡のレーザー治療には4種類があります。

①フレクセルレーザー
②ブリッジセラピー(アンコア)
③炭酸ガス(Co2)レーザー
④クールタッチレーザー

レーザーはニキビ治療においては、以下のような目的から、ニキビの治療に利用されています。
•できてしまったニキビ内部の膿や面皰を出す
•ニキビをできにくくする
•ニキビ跡を改善する

皮膚に波長の異なったレーザーを照射することによってたくさんの小さな穴をあけて、そこからニキビの原因とされる毛穴を詰まっている古い角質、皮脂を溶かすことによってニキビを治療することをいいます。

“クレータータイプ”や“しこりタイプ”・“ミミズ腫れタイプ”のニキビ跡の方も、レーザー治療であれば改善させることができます!

◆フレクセルレーザー

『フラクセル』は肌の深部まで作用して、「クレーター状のニキビ跡」や「赤み・色素沈着のあるニキビ跡」など、ダメージを受けた肌を生まれたての新しい肌へと“入れ替える”画期的なレーザー治療です。

肉眼では確認できないほど微細なレーザーを点状に深い層まで照射することで、たった1回の施術で5~15%程度の皮膚の”入れ替え”を実現します。

ダウンタイムは1週間から10日程度が目安になります。レーザーを当てたあと1~2時間後から強い日焼けのように赤くなり、熱を帯びたように感じます。

◆ブリッジセラピー

『アンコア』は、高出力のCO2(炭酸ガス)レーザーで肌に微細な穴をあけ、それが治癒する過程で肌再生を促す治療です。

照射の直後から3週間くらいは赤みや腫れなどを感じることが多く、場合によってはガーゼ等で患部を保護することもあるのだとか。

アンコアの効果には個人差がありますが、ニキビ跡クレーターが平坦な状態になるには一つの目安として3回以上の治療を重ねる必要があります

◆炭酸ガスレーザー

化膿したニキビにレーザーを照射することで毛穴につまった皮脂などを出す治療です。

化膿した白ニキビの上にレーザー光を照射し、皮膚に0.1ミリ程の小さい穴をあけます。この小さな穴を通って、皮膚の中に通過したレーザー光が毛穴の中で拡散し、中で詰まったコメド(ニキビの初期症状)や膿、脂質を、その熱エネルギーで溶解します。

CO2(炭酸ガス)レーザーなら短時間に治療ができ、メスを使用する治療と比べ出血もほぼないため仕上がりがきれいで、安心してお受けいただけます。

1 2





世の為、人様の為に役立つような『まとめサイト』を心がけております。少しでもお役に立てれば幸いです
http://xn--n8jp8064afdkcxg38lqtsyyn64kbym.net/

このまとめに参加する