1. まとめトップ

4スタンス理論の廣戸聡一氏、初めて骨法を語る 堀辺正史師範追悼企画

昨年12月に亡くなった骨法創始師範・堀辺正史氏。氏が世に出した男のバイブル「喧嘩芸骨法」。当時の様子をご存知で、現在4スタンス理論で多くのアスリート、武術家たちから支持されている廣戸聡一氏が、封印していた骨法時代の事を語り出す。

更新日: 2016年03月24日

1 お気に入り 9122 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

4antenaさん

廣戸聡一とは?

1961年東京都出身。
ヒトの身体特性を4種類に分類する『4スタンス理論』を含む、
動作における軸、個体別身体特性などを解明した総合身体理論『レッシュ理論 (REASH Theory)』を提唱。
・一般社団法人『レッシュ・プロジェクト』代表理事。
・スポーツ整体『廣戸道場』主宰。
・平成22年度よりJOC(日本オリンピック委員会)強化スタッフ。
・日本ゴルフツアー機構(JGTO)のアドバイザーとして強化合宿などで指導中。
・2013年より、日本プロ野球千葉ロッテマリーンズとアドバイザリー契約。
・『ゴルフダイジェスト』誌レッスン・オブ・ザ・イヤー2011賞を受賞。

4スタンス理論とは?

廣戸聡一氏が、今まで沈黙を守っていた骨法時代の話を語り出す

ゴン格最新号の堀辺正史師範追悼企画「廣戸聡一、初めて骨法を語る」。破門された身として「私の目の黒いうちは語ってはならぬ」と言われてた廣戸氏は、弟子で唯一堀辺氏とスパー体験。聞き手の松原教授が実に利いている面白さ。読後感はしみじみと。 pic.twitter.com/sJxVjItcxA

『ゴング格闘技』5月号 3月23日(水)発売

『ゴング格闘技』5月号は明日3月23日(水)発売。特集「その時、試合は動いた」。コナーvsネイト、ミーシャvsホルムUFC、K-1制した山崎秀晃。那須川天心、浜崎朱加、水垣×根津、ロズウェル、RIZINイリー、廣戸聡一インタビューも pic.twitter.com/Kly1HgEXPC

4スタンス理論フェア開催記念・廣戸聡一さんトーク&サイン会を3月22日(火)の午後7時から行います。たった500円(参加券)で廣戸さんにタイプ別体の使い方を教えてもらえるチャンスです! ikebukuro.books-sanseido.co.jp/events/686 pic.twitter.com/mkNyAB7pCB

同じく骨法を破門された矢野卓見氏も興味津々

廣戸さんのインタビューを要約すると『堀辺師範からは何も教わってません』って事にw pic.twitter.com/7IDgTG2Dmp

廣戸聡一氏の骨法時代の貴重な写真

これは自分が入門前の取材の時の写真。自分の師匠の竜崎先生が骨法にはバックドロップみたいな技はないですかと質問したら堀辺先生がありますと即答。廣戸さんが普通にバックドロップやりました(笑)コンクリの上に薄いカーペットあるだけのとこに! pic.twitter.com/Bs5UwBaDvj

当時の骨法が楽しかったのは毎回激しいスパーリングがあった事。たまに骨法を意識しない自由なルールないスパーもあったし。稽古は厳しかったけど終わると楽しく冗談言える雰囲気でした。廣戸さんと最上さんが強くそして指導員としても素晴らかった pic.twitter.com/ZdltAWc38r

廣戸さんや最上さんが辞めたことは道場生には知らされず交通事故と怪我で休んでると言われそのまま触れられずフェードアウト。個人的に廣戸さんと交流あった道場生達だけが記事にあったように廣戸さんの自宅へ行き静かに辞めていきました。自分も含めほとんどの道場生、海外に行ってた船木さんも知らず

船木さんが海外から帰ってきた頃には廣戸さん、最上さんや顔馴染みの道場生はほとんどいなくなってました。その事も船木さんに伝えたかったけど道場では辞めた人の名前出せない空気があり言えなかった。「デカくなりましたね〜」としか言えなかった pic.twitter.com/2ckzxlsNph

プロレス雑誌のライガーさんと船木さんの対談の中で廣戸さんに会った話が出ていて驚いて元道場生に連絡。廣戸さんの連絡先聞いて再会。船木さんが藤原組の頃で廣戸さんもトレーナーとして付いてました。辞めた道場生達とはパンクラス旗揚げの時に再会 pic.twitter.com/bC51YP43qs

廣戸さんも凄かったけど最上さんも同じくらい凄かったのです。辞める頃に二人で九州で開催されていた真武館の素手の格闘技大会へ出る予定でした pic.twitter.com/xxuJlhpYq6

1