1. まとめトップ

おぼえてる?月収1000万を稼いでた芸人「鼠先輩」の現在

「六本木〜GIROPPON〜」が大流行した鼠先輩。特徴的な「ぽ」も。ブレイク中は月収1000万を稼いでいたそうですが2016年の今どうしているのか

更新日: 2018年08月05日

1 お気に入り 8979 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kio5382さん

「六本木〜GIROPPON〜」がヒットし人気芸人になった鼠先輩

独特の歌唱スタイルと、一度見たら忘れられないインパクト大の最強ビジュアルで局地的話題を呼んでいるムード歌謡歌手

デビュー曲『六本木〜GIROPPON〜』がジェロの「海雪」を抜いて着うた歌謡・演歌チャートで1位となった

子どもから大人まで「ぽっぽ~」と歌っていた曲はオリコンの演歌部門で1位を獲得。デビュー曲で1位をとった日本人歌手第1号にもなった

パンチパーマにサングラス、アルマーニもどきのダブルのスーツ。まるでその筋の人にしか見えない先輩が歌う曲はその当時、夜の六本木や銀座で響き渡っていた

2009年に「引退」

・鼠先輩が3日午後、東京・六本木のホテルで会見を開き、年内で芸能界から引退することを発表した

パンチパーマで「ぽ」を連呼する印象的なサビで一世を風靡したが「私は一発屋。桜のようにパッと咲き、パッと散るのが定めだと思う」と決意を固めた

しかしその引退はCDのプロモーションだったようで

タイトルが天狗って…

「実は、あれは3枚目のCDを売るためのプロモーションで、半分冗談だったんです。だけど、CDはほとんど売れませんでしたね」

そんな「鼠先輩」今どうしてるんだろう?

現在は飲食店を経営しながら活動継続中

紅白に出れなかったのは「アレ」のせい?鼠先輩が色々話してた

世間ではその男優だと思われてるみたいだけど、正確には監督で、いろんなメーカーの下請けで撮影をやってた

NHKからスケジュールを聞かれたり、リハでステージに立つまでやったんだけど、結局NGが出て。なんでだろうって調べたら、やっぱり職歴が関係してたみたいだな

鼠先輩は「夢を見ない」

もともと会社に勤めていた人間だし、ブレイクした時もすでに35歳だったこともあって、天狗にもならず勘違いもせずだった

俺の収入なんてほとんど酒と女に消えちゃうけど、家にはカネ入れなきゃいけないわけだし、そんな思い切った勝負はやらない

意外にも堅実な鼠先輩

1