1. まとめトップ

愛の一族 写輪眼のうちは一族まとめ

愛の一族であるうちは一族についてまとめました。彼らの愛の深さには感動します。

更新日: 2016年03月26日

7 お気に入り 240096 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

op238さん

体内に九尾の妖狐を封印された落ちこぼれ忍者・うずまきナルトが、里一番の忍である火影を目指し、仲間たちと共に数々の試練を乗り越え成長していく物語。
忍五大国の一つ、火の国は木ノ葉隠れの里に、強大な力を持った尾獣、九尾が襲来した。当時の里長である四代目火影は共に自らの命を犠牲にして、へその緒を切ったばかりの赤ん坊、うずまきナルトに九尾を封印した。時は流れ、再び長についた三代目火影・猿飛ヒルゼンにより、里は平安を取り戻していた。

木ノ葉隠れの優秀血族。
外見は黒髪黒目(写輪眼は赤目)。また顔立ちが整ったイケメンが多い。
写輪眼という特殊な眼を持っていることが特徴。
一族は代々『火』のチャクラ性質を持っており、火遁系の術を得意としている。
木ノ葉隠れ創設時のメンバーで戦国時代において千手一族同様、非常に強い一族だったとされる。
本来の性格は家族や仲間への愛情が深い心優しい一族であるが、それが悪い意味でも響きやすく、その家族や仲間など愛するものを失ってしまうと、闇に落ちる者が多い。

相手の術をコピーしたり、チャクラを色で見抜いたりできる特殊な眼。うちはの血を持つ者が大きな愛の喪失や自分自身の失意にもがき苦しむ時、脳内に特殊なチャクラが吹き出し視神経に反応して開眼する。

眼を見たものを幻術に陥れる事が出来る。術が強力であればある程発動が難しく、チャクラ消費量も増える。写輪眼を持つ者が「最も大切な人間の死を経験する」事で開眼する。しかし幻術を乱用しすぎると失明に陥るリスクを持つ。

輪廻眼と写輪眼の双方の能力を併せ持つ。

家紋

うちは一族

うずまきナルトのかつての親友兼ライバル、そして宿敵である。「写輪眼」という瞳術を受け継ぐうちは一族の末裔。兄により自分以外の一族を殺される。その復讐を目的に生きてきたが実はイタチは里を守るために行動していた。イタチの思いを知った彼は愛故に火の国の上層部を殺害することを決意する。

出典prcm.jp

うちはサスケの実兄。うちは一族でも抜きんでた実力者で、幻術の使い手。
うちは一族を全て殺害した人物だがイタチがうちは一族を抹殺したのは木の葉から命ぜられた任務であり、木の葉の里の平和、世界の平和のための苦渋の選択の末だった。
その時愛故にサスケを殺すことが出来なかった。
さらに暁に入った後はサスケに自身を殺させることでうちは一族の敵を討った木の葉の英雄にサスケを仕立て上げること、万華鏡写輪眼をサスケに開眼させるために病の中悪役を貫き通した。

うちは一族の元中忍。
カカシに写輪眼を与えた人物。
第三次忍界大戦で命を落としたと思われていたが生存していた。しかし、リンの死を目撃し愛の深さ故に月の眼計画にでリンとカカシがいる平和な世界を作るために暗躍する。

木ノ葉隠れ創設時のうちは一族の長であり、暁の真の創設者にして、第四次忍界大戦の黒幕の一人。
万華鏡写輪眼(永遠)を保有している。
一度は死亡するが、写輪眼の秘密を解こうとする扉間が自分の死体を処分せずに保存するとふみ、事前に片目に仕込んでいたイザナギによって復活を果たし、生き延びた後歴史の表舞台から姿を消す。戦いの中で食いちぎった柱間の細胞を吐き戻し、それを傷口に移植した事で木遁と、死の間際に輪廻眼の力を得、口寄せした外道魔像とつながる事で生きながらえる。
そして、とある経緯でトビに自らの考案した「月の眼計画」を託して本来の死を迎えた。

うちはマダラの弟。
幼少の頃から兄・マダラと互いに競い合い、その力を高めあっていた。そして兄弟共々に写輪眼、万華鏡写輪眼に開眼し、その力を以って兄とともに一族を束ねる立場となった。イタチはマダラからサスケを遠ざけるためか、マダラがイズナの眼を力ずくで奪ったと騙ったが、トビは万華鏡写輪眼の代償としてマダラが視力を失い、一族滅亡を防ぐため、迷い無くマダラに両目を差し出し、戦乱の中で命を落としたと語る。

瞬身のシスイの異名を持つうちは一族の忍。(二代目火影・扉間時代の忍者「うちはカガミ」の子孫である)
万華鏡写輪眼の開眼者でもあり、その力は相手の脳内に入り、己の意志であるかのように疑似体験させ、術にかかった者は操られていることにすら気付かないという、瞳術でも最高クラスのものである。
ただし、この瞳術はデメリットも大きく、特に最強幻術「別天神」を使用すると、次に使用するまでに十数年もの年月を費やしてしまう事になる程。

アニメオリジナル。
イタチの回想に登場。
過去にあったイザナギにより抗争を引き起こした人物。

アニメオリジナル。
イタチの回想に登場。
過去にあったイザナギによる起きたの抗争をイザナミを使用しナカを止めた。

アニメオリジナル。
イタチの回想に登場。
過去にあったイザナギによる抗争で死亡する。

アニメオリジナル。
イタチの回想に登場。
過去にあったイザナギによる抗争で死亡する。

サスケの兄イタチの親友であったうちはシスイの先祖(世代的に考えておそらく祖父)に当たる。シスイやイタチと同じように一族を越えて里のことを考え尽力していたためうちは一族を警戒していた二代目火影・千手扉間からも大きな信頼を得ていた。

“うちは一族”の忍。
若いながらも一族の中では屈指の実力を誇り、
統率力も高かった。

二代目火影に疑念を抱いているうちは一族の忍。

うちはフガクはイタチ、サスケの父親でミコトの夫。責任感が強く木ノ葉警務部隊の隊長を務めていた。もともと木ノ葉警務部隊は二代目火影・千手扉間がうちは一族に危うさを感じていたため里の中枢から隔離したうえ監視しやすくするために設立した組織であり、その不遇な扱いに業を煮やしたうちは一族はフガクを中心にクーデターを計画した。

うちはミコトは木の葉隠れの里の上忍でうちはフガクの妻でサスケ・イタチの母親。明るく優しい母親で愛情表現の不器用なフガクに対し不安を覚えたサスケに自分の前ではサスケのことばかり話していることを語り励ましたこともある。
ナルトの母であるうずまきクシナとはとりわけ仲の良い友人であるらしく、クシナは(人柱力のため)本来機密事項である出産をミコトには話していた。

“うちはせんべい”の店主
うちはウルチの夫

“うちはせんべい”の店員
うちはテヤキの妻

1 2 3