出典 note.chiebukuro.yahoo.co.jp

うちはマダラ

木ノ葉隠れ創設時のうちは一族の長であり、暁の真の創設者にして、第四次忍界大戦の黒幕の一人。
万華鏡写輪眼(永遠)を保有している。
一度は死亡するが、写輪眼の秘密を解こうとする扉間が自分の死体を処分せずに保存するとふみ、事前に片目に仕込んでいたイザナギによって復活を果たし、生き延びた後歴史の表舞台から姿を消す。戦いの中で食いちぎった柱間の細胞を吐き戻し、それを傷口に移植した事で木遁と、死の間際に輪廻眼の力を得、口寄せした外道魔像とつながる事で生きながらえる。
そして、とある経緯でトビに自らの考案した「月の眼計画」を託して本来の死を迎えた。

この情報が含まれているまとめはこちら

愛の一族 写輪眼のうちは一族まとめ

愛の一族であるうちは一族についてまとめました。彼らの愛の深さには感動します。

このまとめを見る