1. まとめトップ

ハロウィンの次はイースターが流行に!?イースターってなに?

ハロウィンのようにイースターは定着できるんでしょうか?定着したとして日本アレンジになるのかな・・・

更新日: 2016年03月26日

0 お気に入り 973 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nananamimiさん

イースターとは?

イースターは「復活祭」

「イースター」とは、イエス・キリストが死後3日目によみがえった、「復活」を祝う日のことです。
クリスマスとともに、キリスト教徒にとっては最大の祝日。春分の後の最初の満月の次に来る、日曜日にお祝いをします。日本語では、「復活祭」または「復活節」と呼ばれています。

イースターは何をやるの?

クリスマスと言えばクリスマスツリーだが、イースターと言えば「イースターエッグ」。伝統的に、生命や復活を象徴するものとして、卵が使われてきたのではないかと言われている。卵は、「イースターうさぎ」が運んできたとされ、子だくさんのうさぎは、古代より、繁栄・多産のシンボルだ。

カラフルな紙や布やペイントで卵を彩って家に飾ったり、子どものいる家庭では、庭に卵を隠して子どもに探させる「エッグハント」や、ホワイトハウスでも毎年行われることで有名な、丘の上から卵を転がす「エッグロール」、卵をスプーンにのせ、落として割らないように気をつけながら、誰が一番にゴールにつけるかを競うレース「エッグレース」も。
家族でゆで卵を食べたり、家族や友人など親しい人とタマゴやウサギの形のチョコレートや、中にプレゼントを入れたチョコレート卵を交換し合ったりする風習がある。

日本でも定着させようと各社が力を入れてきた・・・

ドーナツ専門店「フロレスタ」で、「あらいぐまラスカル」とのコラボドーナツが発売される。今回はイースターにちなみ、うさぎになった“ラスカル”がモチーフ。

まとめ

無理やり流行らせよう感が強いですが・・・できれば流行らないで欲しいと思います。

1