1. まとめトップ

[閲覧注意]本当にあった戦慄の復讐事件簿[夫編/海外]

夫が起こした報復事件をまとめてみました。

更新日: 2016年06月14日

2 お気に入り 9173 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

PERUCHANさん

[中国]出会い系サイトを利用していた妻を尾行し、自分の父親と妻を殴った夫

中国は黒竜江省に暮らすWang Jaiさんの妻Liliさん(28)は、ほんの軽い気持ちで出会い系サイトを利用し、ピンク色のセクシーなコスチュームに身を包んでは約束したホテルに出かけ、未知の男性とのその場限りのランデヴーを楽しんでいた。

Jaiさんは、そんな妻の気配に不信感を抱くようになり、ある時妻を尾行することに決めます。

密会場所に選んだホテルに向かい、ある部屋の前でベルを鳴らしたLiliさん。「ハイ」という声とともに男が扉を開けたところで、「ちょっと待った!」とJaiさんが現場に踏み込んだ。しかし3人の顔は一瞬にして凍りつく。部屋の向こうでLiliさんを待っていたのは、驚くことにJaiさんの57歳の父Wang Paiさんではないか。

2人は「嫁と舅」ということに気づかず、出会い系サイトで会う約束をしたそうです。

自分の非を棚に上げて責め合う2人に、Jaiさんは怒りのあまり殴りかかってしまう。Liliさんは顔面に、そして父親のPaiさんは頭に怪我を負い病院へ。

[国不詳]妻の浮気を疑い、妻をeBayに出品した夫

妻シャーロンさん(43)の浮気を疑った夫のポール・オズボーンさん(44)は、腹いせに、eBayで妻を売りに出した。

eBayとは、世界最大のネットオークション。
画像は、米カリフォルニア州サンノゼのeBay本社。

商品説明には、なんと・・・

シャーロンさんが本当に売られることはありませんでしたが、なんと8,500万円の値がついたとのことです。

ちなみに、シャーロンさんは不倫の事実を否定。
しかし、この出来事によって2人は離婚したそうです。

[アメリカ]元妻のすぐ隣に引っ越し、復讐の銅像を立てた元夫

ミシガン州で3つのストリップ・クラブを経営するマルコヴィッツさんは、2年間連れ添った妻と離婚したばかり。離婚の原因は妻の不倫だった。しかも、不倫相手の男性はマルコヴィッツさんの知り合いだという。

離婚後、不倫相手と一緒に住み始めた元妻。
不倫に対する怒りが収まっていなかった元夫は、なんと元妻が住む家の隣に引っ越します。

新居に引っ越した元夫がやったこととは・・・

自らの怒りを形にした銅像をバルコニーに建てた。中指だけが立てられた手の銅像だ。その向きは、元妻の家の方向にピ タリと定められている。

3.7mの銅像。
7,000ドル(約70万円)の費用がかかったそうです。

彼がわざわざ引っ越したのは、元妻の家の中からでも銅像がよく見えるようにするため。ストーカー行為などではなく、ただこの銅像を見せるための引っ越しだったのである。

この銅像、元妻ではなく不倫相手の男性に対して向けられたものだったそうです。

[国不詳]裸で泣きながら謝る妻をスマホで撮影し、YouTubeに投稿した夫

夫はすぐにスマートフォンで録画を開始。
浮気相手の男性は、それとほぼ同時に衣服を握りしめ逃げ出します。

夫は「俺はこの映像を弁護士に提出する。コピーしてお前のお母さんや姉妹、イトコにも見せてやろう。インターネットにも流すからな」と脅すのみ。妻は「ノー、お願いだからそんなことをしないでハニー、ノー!」と哀願するが、夫は全く許す気配を見せなかった。

夫による復讐の様子をとらえた動画[フェイク?]

フェイクとも言われていますが果たして・・・。

1