1. まとめトップ

backnumberの歌詞に学ぶ草食系男子の恋愛心理

圧倒的なクオリティの楽曲と卓越した表現力が注目を集め続けているスリーピース・バンド backnumber.恋愛に積極的になれない女々しい男子の心情を描いて人気となっています。そんなbacknumberの歌詞から草食系男子の恋愛心理を読み解いてみました。

更新日: 2018年09月13日

12 お気に入り 58543 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

plutocharonさん

大人気の back number

どことなく背伸びしたくてもできない草食系男子の心情を歌にしてただいま若者中心に大人気となり始めています。

ロックバンドのボーカルでありながら、カッコつけることもなくヘタレな自分を歌う清水さんに、世のヘタレ系男子は救われるんじゃないでしょうか。

つねに彼女の顔色を伺い、時には声をかけられない状態で妄想を膨らます(ex.「高嶺の花子さん」)などの行為が、彼らの作品の芯を貫いています。

浸透してきた草食系男子とは

一般的な草食動物としてイメージされている事柄が性格や行動様式に当てはまっていると思われている人々を指して用いられる。

backnumberの歌詞は草食系男子の心情を描いている!?

好きな人ができても声をかけらない...

会いたいんだ 今すぐその角から 飛び出してきてくれないか 夏の魔物に連れ去られ 僕の元へ 生まれた星のもとが 違くたって 偶然と夏の魔法とやらの力で 僕のものに なるわけないか

自分から会いにいくのではなく、偶然に頼ってしまう。自分からいくことができないのが草食系男子

相変わらず偶然や魔法に頼ろうとしているところに共感。でも、どこかで分かってもいるんです、そんなことあるはずないのが。それがサビ最後の一行に込められていますね。

君を惚れさせる黒魔術は知らないし 海に誘う勇気も車もない でも見たい となりで目覚めておはようと笑う君を

頑張ってみるが誘えない...

女性と仲良く話せるようになり、次のステップに進みたいな…と感じた時でもそう簡単にデートや食事に誘えないのが草食系男子の特徴の一つです。

草食系男子はどことなく自信がなさそうにしていると感じたことがある人もいるのでは?過去の恋愛遍歴に関係なく、新しく恋愛を始めることや異性との人間関係を築くことに自信が持てず、奥手になってしまう人がほとんどです。

君の恋人になる人は モデルみたいな人なんだろう

出典高嶺の花子さん 歌詞

あげくのはてに妄想に走る

好きな女の子にはきっともう素敵な彼氏がいて、俺なんかじゃとても太刀打ちできなんだろうな…という話なんですが、妄想が悪い方向に膨らむ一方でどんどん自信をなくしていくんですよね。でも、もちろんこれはただの妄想。

妄想にはしり、ふと何してるんだと我に戻る(笑)

やっぱり告白ができない...

『恋』は、卒業シーズンでもあるこの時期には特に響く作品だろう。卒業を目前にしてこの思いを今伝えなければという焦りに駆られ悩む様。自分の過去の記憶と、歌詞で映し出される情景、そして胸を締め付ける言葉の数々が交錯し、なんとも言えない気持ちになる。

草食系男子も恋愛はしますが、好きになった相手に、捨て身の恋のアタックなどはしません。つまり、自分から、告白したり、好きな相手に、熱烈なアプローチをするのが苦手です。

1 2