1. まとめトップ

私も入院させたい!…「ぬいぐるみの病院」の世界が素敵すぎる

ぬいぐるみの病気やケガをきれいに直してくれる「ぬいぐるみの病院」。一般的な修理やクリーニングと違い、ぬいぐるみをモノではなく患者として扱ってくれると話題になっています。どんなものなのか、まとめてみました!

更新日: 2016年03月26日

46 お気に入り 47088 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

potekoroさん

「ぬいぐるみの病院」って何?

ぬいぐるみの病気やケガを治療してくれるという「フモフモランド ぬいぐるみ病院」の行き届いた対応が、ネットで話題になっている。

まるでホントの病院のような雰囲気。ボタンには外来・入院といった言葉が…。

「ぬいぐるみ病院」は、株式会社こころが運営する、ぬいぐるみの修理・クリーニングサービス。ただのお直しではなく、「ぬいぐるみを患者として病院に迎えいれる」というコンセプトで運営しています。

ぬいぐるみの病院に俺のしまちゃんぬいぐるみ入院させたい

ぬいぐるみによるぬいぐるみのための病院

ぬいぐるみのドクターやナースが、ぬいぐるみの患者さんの病気やケガを癒す、ぬいぐるみによるぬいぐるみのための病院となっている。問診票もあり、人間の病院のような感覚でぬいぐるみを入院させることができる。

入院したぬいぐるみは、ドクターやナースのぬいぐるみに看護されるだけでなく、添い寝役や見舞客のぬいぐるみによって手厚く面倒を見てもらえます。

家族同然のくまさんが我が家に来て12年が経つんだけど、洗ったりしてもやっぱり疲れてきてて悩んでて。調べたらぬいぐるみの病院ってのがでてきたんだけど、素敵すぎるこんなに大切にしてくれるならお願いしたい pic.twitter.com/NLcLo6t3mH

ぬいぐるみの病院のサイトずっと読んでるんだけど、もう可愛い。ほんとに素敵。スタッフ一覧のとことか入院患者さんのコーナーとか、癒されすぎる。うちのぬら太郎ももうちょっとボロくなったら入院させよう nuigurumi-hospital.jp

ぬいぐるみ病院に預けてる子の写真送られてきたけど可愛すぎて顔ゆるっゆるしてる;//; pic.twitter.com/cHa6f7Fmc8

いろんな科があり、まさに病院のよう!

診療科は、内科、外科、整形外科、耳鼻科、リハビリテーション科があり、手術が必要と内科で診断されると、外科や整形外科のドクターがオペを行う。手術には、綿の入れ替え、ビーズ袋の入れ替え、耳や鼻の手当などがある。

入院中は、添い寝役やお世話役のぬいぐるみの手厚い看護も受けられ、天気の良い日には術後のリハビリとして作業療法士とともに近所の公園へでかけることもある。

当院は「がんばれ!ぬいぐるみ」の理念のもと、患者様やご家族の方の心からの笑顔のためにお役に立ちたいと日々考えております。

ちなみに退院すると…

入院したぬいぐるみは診察を受け、ベッドに寝かされ、退院後はお薬(綿)が処方されるというこの病院。

退院時には、化膿止めのキャンディーが薬剤部から出されるなど、ぬいぐるみは充実の入院生活を過ごすことができる。持ち主には、入院中の写真が詰まったDVDや、綿の入れ替え手術をした場合は新旧の綿が送られる。

入院を希望する場合は、「ぬいぐるみ病院」サイトに記載のアドレスに問診票をメールで送信する。入院期間は3週間程度となっているが、退院を急ぐ場合はオプションで選ぶこともできる。ベッド代、看護料、オペ費用などの基本的な入院費用は税別3,300円、旅費が税別600円となっている。

ぬいぐるみ病院…サイト見てたら泣きそうになったw うちの巨大ギズモとプーやってほしい

ぬいぐるみだいすきで小さい頃から今もたくさん集めてるからぬいぐるみの病院なんて素敵すぎてきゅんとした

大切なぬいぐるみは、もう家族同然。こんなふうにしてくれたら、涙が出ちゃうかもしれませんね。

1