分かりません...愛にはたくさん書くことに、たくさんの主題があって―私が8歳で書いていたものは本当に長い曲で悲しいラブソングでしたが、かといって自分が何かそんな経験があったわけではありませんでした。恋人もいませんでした(笑)。 それなのに、私と言えば今もまだずっと愛について書いていると。ただ本当に、愛はパワフルなことなんだって思います。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【翻訳】interviewmagazine - Birdy Takes Flight

本まとめは3月22日 Interview Magazine掲載の記事の和訳となります。

このまとめを見る