原曲じゃない自分のものが聞こえました。一番始めのアルバムでカヴァーした曲のどれも本当に大好きな曲なんです。その曲を私がまさしく分かっていたわけではないですが。本当によく分かっていたら、演奏してみると、在るものと変わらないものができることろで私には変更が可能だったんですからね。あのカヴァーアルバムは私にとっては本当に実験でした。あの頃は学校に通っていて、自作の作曲の方に力点を置くにも、他の方の作品を利用するにも、両方が可能な状態でした。そこで、正直に答えて、自分はカヴァーは手練と言えるものではありませんでした。初めのアルバムは実験だったわけです。それでカヴァーを選んだんですから。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【翻訳】interviewmagazine - Birdy Takes Flight

本まとめは3月22日 Interview Magazine掲載の記事の和訳となります。

このまとめを見る