「傾奇者(かぶきもの)」。「傾(かぶ)く」とは異風の姿形を好み、異様な振る舞いや突飛な行動を愛することを指す。
死が日常の戦国の世で、いかなる権力にも屈せず、ひたすら己の義に忠実に戦い抜いた天下一の傾奇者がいた。

出典マンガ『花の慶次 』の最終回ってどうだった? - Middle Edge(ミドルエッジ)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

戦国漫画ナンバーワン!「花の慶次」傾奇者の生き様がかっこいい~

誰もがあこがれる戦国時代。その中の有名武将でもとくに目を引き、心惹かれる漢(おとこ)といえば、前田慶次。加賀百万石の前田利家の子(甥)として、傾奇者(かぶきもの)として生涯を生き抜いた前田慶次。それを「北斗の拳」の作者が手がけた「花の慶次」がすごい!!

このまとめを見る