その漢(おとこ)の名は前田慶次。
滝川一益の従姉妹の滝川益氏の実子にして、前田利家の兄前田利久の養子である前田慶次。
まさに織田軍団の中核の出でありながら、不遇な境遇に身を置かれていた。
しかしそんな小さな枠組みに囚われることなく、慶次はいくさ人として死と隣り合わせの自由を愉しむ生き方。

出典マンガ『花の慶次 』の最終回ってどうだった? - Middle Edge(ミドルエッジ)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

戦国漫画ナンバーワン!「花の慶次」傾奇者の生き様がかっこいい~

誰もがあこがれる戦国時代。その中の有名武将でもとくに目を引き、心惹かれる漢(おとこ)といえば、前田慶次。加賀百万石の前田利家の子(甥)として、傾奇者(かぶきもの)として生涯を生き抜いた前田慶次。それを「北斗の拳」の作者が手がけた「花の慶次」がすごい!!

このまとめを見る