1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

hitujis2さん

■視聴率2.8%(6話) HEAT

最終回視聴率: 3.9%
平均視聴率::3.8%

01話(07/07)6.6%
02話(07/14)3.9%
03話(07/21)4.2%
04話(07/28)3.4%
05話(08/04)3.4%
06話(08/11)2.8% ▼
07話(08/18)3.1%
08話(08/25)3.3%
09話(08/25)3.9%

[あらすじ]
総務省消防庁および東京消防庁の全面協力のもと、史上初となる「消防団」を舞台にしたドラマ。AKIRA演じる不動産会社のエリートビジネスマンが、街を買収するため素性を隠して消防団に入団、消防団を通じて人間的に成長していく様子を描く。

史上最低の2.8%をたたき出した。

続編となる映画『DRAGON』(仮題)の製作が、ドラマの放送開始前の時点で決定したため打ち切りたくても打ちきれなかった。

EXILE・AKIRA主演のドラマ「HEAT」は、映画化前提で放送されていた。しかし、その映画化のプランが白紙となったことが明らかになった。

その原因は、「視聴率が予想以上に伸びず、悪かったので」

▼3.0%▼

■視聴率3.0%(4話) モトカレマニア

最終回視聴率: 4.2%
平均視聴率:4.4%

01話(10/17):5.6%
02話(10/24):5.2%
03話(10/31):4.1%
04話(11/07):3.0%▼
05話(11/14):4.6%
06話(11/21):4.1%
07話(11/28):4.3%
08話(12/05):4.7%
09話(12/12):4.2% 終

出典ciatr.jp

難波ユリカ27歳。日課は元カレ・斉藤真(マコチ)の名前をSNSで検索すること。マコチの写真に話しかけ、脳内でマコチとの会話を繰り広げる……。

この突っ込みどころ満載の女子が本作の主人公。そして、物語はマコチのことを引きずるあまり、その後の恋愛が上手くいかなくなってしまったユリカが、彼と同僚として再会するというストーリーとなっています。

冒頭から止まらないユリカの暴走や、個性あふれるキャラクターが登場する『モトカレマニア』。一度ページを開けば、どんどん読み進めたくなる面白さが原作コミックにはあります。

『HEAT』第6話が史上最低記録2.8%を更新するまでは、
13年の『夫のカノジョ』(TBS系)第5話が3.0%でワーストの座に君臨していた。
今回の『モトカレマニア』第4話は、ワースト2位タイとなる。

「新木優子と高良健吾がダブル主演する『モトカレマニア』は、難波ユカリ氏の同名漫画を実写化した恋愛ドラマ。過去の恋愛を引きずるヒロインが、そのモトカレと再会するところから物語がスタートします。

 打ち切りが検討は、5%を割った段階。
 放送回数を減らすことで、少しでも傷口を小さくする形で放送を終えるとみられる。

「当然この責任は、主演2人とプロデューサーが負うことになりますが、ダブル主演で責任が分散されたのは、新木、高良にとってはラッキーだったかもしれません。またプロデューサーも、実は元々予定されていた人物から、諸事情で急きょ“バトンタッチ”された局員なんです。優秀なプロデューサーではあるものの、準備期間の少なさもあってか、結果は悲惨なことに。」

なぜ「爆死」してしまったのか──。

「主演のふたりが『実力派』で少々地味ではあるものの、ネット上でも序盤からストーリーが好評。さらに『途中から見てもおもしろいドラマ』だったので視聴率回復のチャンスは何度もあったはずなんです」

 そんな同作について『非常に悔やまれる出来事』がある。

「11月7日の第4回は前番組の『ボクシング 井上尚弥VSノニト・ドネア戦』が押して30分遅れの放送となったのですが、この時の『局の判断』が視聴者の反感を買うことになってしまったんです」

 その判断とは。

「試合後、井上の勝利インタビューを中継せずに半ば強引な形でドラマをスタートさせてしまった。当時、ネット上では『モトカレマニアは二度と見ない』といった声であふれかえっていましたね」

 紙一重の判断ミスであったか。

12月13日発売の初写真集『Sincerely yours…』の売り上げが好調だと話題になっている田中みな実が出演したドラマは、“大爆死”のまま終了。
 ワースト記録を打ち立てた、ドラマの打ち上げでは、田中の“ドタキャン”が参加者の耳目を集めていたという。

「田中は出演者の中で、最も“今旬”のタレントと言えますが、作品の視聴率にはまったく結びつかなかったようです。最終回放送当日となる12日に、都内で打ち上げが行われた」

 “ドタキャン”の理由を「体調不良」と説明された関係者もいたようだ。

「あまりに多忙な日々から、体調を崩してしまったのかもしれませんね。しかし、翌日にはインスタグラムで『グータンヌーボ2』のロケに参加したこと、またその途中に『サンデー・ジャポン』の直撃を受けたことを、嬉々として報告。アップされた動画では、ちゃっかり写真集の宣伝もしていました。そうした背景から、一部関係者の間では『売れっ子は大爆死ドラマの打ち上げに時間を割けないのでは?』という嫌みも飛び交っています」

登場人物の優柔不断さやストーリーの粗さが批判されてきた本作。
ドラマファンが喜ぶポイントがあった。

 「ユリカとマコチの引っ越しで、業者のダンボールに記されていた名前が『柿谷運送』。
16年に放送された、高良と有村架純主演
『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』で、高良演じる練が働いていた引っ越し業者。まさかのコラボに、
『ここでこんなプレゼントあるとは!懐かしい!』
『最後の最後で一番盛り上がれた!』
といった興奮の声が殺到。ここが唯一にして最大の盛り上がりポイント」

 近年珍しい、恋愛ドラマのハッピーエンドに、
「よかった」「こじれなくていいね」という声もあったが――。

 「感想の多くは、批判の声。
ラブコメのはずが、途中からはコメディ要素はすっかり抜け落ち、さらに元カレを引きずっている女性が結局、元カレとやり直すというストーリーの凡庸っぷりに、
『初回と最終回だけ見れば十分なドラマ』
『なんでこれを毎週見続けてしまったのか、後悔』

数字が取りにくい枠ではあるものの、近年稀にみる低視聴率ドラマとなってしまいました」

■視聴率3.0%(5話) 夫のカノジョ

最終回視聴率: 3.3%
平均視聴率::3.8%

01話(10/24)4.7%
02話(10/31)4.8%
03話(11/07)3.7%
04話(11/14)3.1%
05話(11/21)3.0% ▼
06話(11/28)3.6%
07話(12/05)4.5%
08話(12/12)3.3%

[あらすじ]
夫の浮気を疑った妻と、浮気を誤解されたOLが言い争ううちに体が入れ替わってしまうホームコメディー。主人公のOL・山岸星見をゴールデン枠の連続ドラマ初主演となる川口春奈が演じる。

川口春奈が2013年に主演した『夫のカノジョ』(TBS系)は初回から、4.7%という低視聴率を叩き出すと、その後も低空飛行が続き、8話で打ち切りが決定。

低迷の理由は
ドラマとしての魅力のなさ以外にも、
裏番組が米倉涼子主演の超人気ドラマ『ドクターX』(テレビ朝日系)
『夫のカノジョ』というタイトルが不倫を彷彿とさせるため、ファミリー層から避けられてしまったことなど、
様々な要因が重なったことにより平均視聴率は3.8%となった。

川口春奈は、自身のブログで「数字で判断されるのは悲しい」

視聴率は初回から4.7%と低迷。結局9回放送の予定が8回で幕

■視聴率3.1%(4話) 家族のうた

最終回視聴率: 3.4%
平均視聴率::3.9%

01話(04/15)6.1%
02話(04/22)3.6%
03話(04/29)3.4%
04話(05/06)3.1% ▼
05話(05/13)3.3%
06話(05/20)3.8%
07話(05/27)4.1%
08話(06/03)3.4%

[あらすじ]
元人気ロックミュージシャンの男がいろんな困難に立ち向かいながら大切なものを見つけていく物語。主人公の落ち目のロックミュージシャン・早川正義をオダギリジョーが演じる。

記録的な低視聴率に苦しんだ結果、当初予定の11話を3話短縮の8話で打ち切ることが決定した。

一気に3話短縮
オダギリジョーは、ショックから、「打ち切り恐怖症」になり、主演級の話を回避した。
80年代の人気ドラマ「パパはニュースキャスター」のパクリ疑惑があり、マイナスイメージがあった。

■視聴率3.1%(6話) メッセージ

最終回視聴率: 3.2%
平均視聴率::4.4%

01話(01/13)6.2%
02話(01/20)4.6%
03話(01/27)5.5%
04話(02/03)4.3%
05話(02/10)3.9%
06話(02/17)3.1% ▼
07話(03/03)4.4%
08話(03/10)3.2%

[あらすじ]
児童書籍の担当者であった霧海杏子(真中瞳)は、突然、暴露雑誌の編集部へ左遷される。杏子は一癖あるスタッフと共に真実を追求していく。

当時、人気の真中瞳を主演に据えるも大コケで、2話短縮。

■視聴率3.1%(10話) ライオン先生

最終回視聴率: 3.1%
平均視聴率::4.7%

01話(10/13)7.9%
02話(10/20)5.3%
03話(10/27)4.3%
04話(11/03)5.7%
05話(11/10)4.3%
06話(11/17)3.3%
07話(11/24)5.5%
08話(12/01)4.2%
09話(12/08)3.8%
10話(12/15)3.1%▼

1 2 3 4 5 6