1. まとめトップ

ハーレー乗りにおすすめのジェットヘルメット!

ハーレー乗りの為に、かっこいいジェットヘルメットを紹介します。様々なブランドがありますが、その中でも拘りのブランドをピックアップ!

更新日: 2016年03月28日

2 お気に入り 12048 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ecolife-freeさん

BUCO/ブコ

ジェットヘルメットの中でも、非常にファンの多いメジャーブランド!1950年代後半からのアメリカンテイスト漂うデザインは根強い人気!ハーレー乗りには必須のアイテムと言っても過言ではない!

センターストライプ&ロゴ ブラックベース 《スモールブコ》《ベビーブコ》

立花/SHM

知る人ぞ知る名ブランド!日本人の手による、日本人のための美しさを追求した SHM 専用設計の帽体は、被り心地だけではなく、着用時のシルエットにもこだわっている。SHM の特徴のひとつでもあるトリム&ハンドステッチは職人の手仕事によるクオリティと相まって、モデルごとに違った表情を与えている。また、各モデルには鮮やかな塗装が不可欠だが、特にメタル・キャンディ系の仕上がりには定評がある。Old School シリーズの際立つグラフィックの仕上げは熟練した職人が国内で仕上げており、U・S・A シリーズは内装も特別仕立て。彩り鮮やかな内装は、頭頂部にサテン生地を用いたクロスステッチで仕上げられている。

AVENGER/アベンジャー

個性派にはこれ!米国ウエストコーストに拠点を置く AVENGER のジェットヘルメットは、フレイクやエアブラシを駆使したペイントなど70年代のヴィンテージデザインを踏襲しつつ、SG規格をクリアするなど現代のニーズに合わせたオールドスクールヘルメット。本場ならではのハードコアな色遣いやデザインは、カスタムフリークを唸らせるもの。内装は脱着可能式としたウォッシャブルで、ヴィンテージヘルメットでは革新的な内容だ。高硬度ナイロン製ストラップ、ゴーグルストライプループなどディテールの作り込みもこだわり抜き、高い質感を持っている。
本場カリフォルニアのカスタムシーンから生まれるフレイクやエアブラシを駆使した見事なペイント。ヴィンテージヘルメットながらウォッシャブル式の内装を備えるなど、現代のニーズに対応している。

BUMBLEBEE/バンブルビー

デザイナーの志村晶洋氏を中心に展開する日本が生んだ屈指のアメカジブランド「フェローズ」のモーターサイクル専門ブランドが Bumblebee (バンブルビー)だ。“Bumblebee”とはこうるさい蜂「丸花蜂」を意味し、アメリカの俗語で“雑音”“うるさい”という意味がある。それがエンジンの発する音を表現するところとなり、その魅力の虜になった人に向け「いつの時代か、どこかのレーストラックに集まる人々のモータースポーツシーン」をテーマに商品をラインナップ。ハイセンスなだけでなく、リーズナブルな価格を実現している。

GreaserSTYLE/グリーサースタイル

コストパフォーマンスに優れた新ブランド。各種雑誌でも紹介されている、ヴィンテージライクなジェットヘルメット。

BUCOSTANDARD/ブコスタンダード

BUCOヘルメットと変わらぬ優れたスタイルや妥協のないディテールの追求、現代の安全基準をクリアした信頼性をそのままに、BUCOヘルメットをロープライスで提案するディフュージョンブランドです。

1

関連まとめ