1. まとめトップ

【不健康ランニング】マラソンに秘められた危険性【やっぱ体に悪いよジョギング】

走るのヤダな・・・そんな運動嫌いのあなたの直感。意外に当たっているかもしれません。

更新日: 2017年11月15日

2 お気に入り 4458 view
お気に入り追加

【ゆっくり走っても相当心臓に負担】

普段から鍛えていなければ、心臓にだって筋肉痛が起きてもいいような負荷がかかっているのです。

 ついでにいえば、血管も筋肉でできています。マラソンは血管にもたいへんな負担をかけているわけです。

亡くなってしまう方もいます。

【松村邦洋 8カ月で30kgの減量】タレントの松村邦洋が新CM発表会見に登場。約8ヶ月で110.6キロから80キロとマイナス30.6キロのダイエットに成功。2009年にはマラソン中、心肺停止状態で救急搬送も。 yahoo.jp/2Oigao

人間、40キロ以上走る必要があるのでしょうか。

おかやまマラソンで2人が心肺停止に…AEDで救命(KSB瀬戸内海放送) headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171113-…午前11時半頃、約24キロ地点を走っていた50代の男性ランナーが倒れ、心肺停止になりました。また、午後1時過ぎ、… twitter.com/i/web/status/9…

山形まるごとマラソン ゴール後に倒れた人、心停止で救急車で運ばれていった… 大事に至らないといいな…

山中湖で行われたマラソン大会で、66歳の男性が走り終えたあと倒れ心停止に。モバイルAED隊がすぐに駆けつけ電気ショック。一命を取り留めた。 大会主催者が迅速にAEDを使える態勢を整えていたから助かった命。 スポーツの現場にはAED… twitter.com/i/web/status/9…

走らなければ助かった命。いい話にすり替えるのは悪質。

【運動は活性酸素の害を受け不健康になる】

ランナーの端くれとして言わせてもらっても、マラソン自体不健康なんです。だから今後の予想として、マラソン大会事務局が参加者に対し、何があっても責を問わないと言う承諾書を書かせる、即ち自己責任論か、救護を専門とする団体に委託する、即ちビジネスとして成立するか、に向かうと思います。

スポーツ医学をやった人にはわかりますが、彼らは見かけは強そうでも、決して肉体的に健康とはいえないのです。むしろ不健康だといったほうがよいかもしてません。

この『スポーツ選手は寿命が短い』という説が話題となった原因となっている物質が「活性酸素」と呼ばれる成分である。

 活性酸素は誰にでも日常生活を送っているだけで体内から代謝されている産物のひとつで人間が生命活動を維持する上では必ず発生する物質である

一流ランナーはガリガリでシワだらけ。
不健康の証拠。

不健康なのにどうして走るの

逃げる夢は、果たすべき義務や責任から逃れたい気持ちの象徴であり、逃げられる夢は計画変更を促す警告の象徴です。

 何かから逃げようとしている夢は、あなたが果たすべき義務や責任から逃れようとしていることを暗示しています。

◆脱出している…耐えがたい感情から逃れようという気持ち(=逃避)。問題は解決されないまま残っている。何を恐れているのか自分でしっかりと直面すべき。

【逃げる】…追いかけてくるものの存在。時間や義務に追われていること。不安感。◆避難しようとしている…義務を避けている。

■目標を見失っている暗示■
目的もなく走っている夢というのはアナタが現実で目指す物を見失っている状態である事を暗示しています。

■焦りや不安の暗示■
全力で無我夢中に走っている夢はアナタが何かに対して不安や焦りを感じている事を暗示しています。

 例えば締め切りの期限に間に合わないとか、ライバルに差を付けられてしまうという不安というような感情を抱いているのでしょう。

走りつづけるだけでは疲れてしまうのは当然で疲れた時は一休みするという当たり前の事をもう一度思い出してみてはどうでしょうか?

 自分のペースを守って周囲に流されずに一歩一歩進んでいく気持ちを持てば大きな失敗は回避出来るはずです。

マラソンをするのは不安の裏返しかも。

【スポーツ選手は故障が多く寿命も短い】

証拠に一般の人はけっこうハードな仕事をやりながらも、ちゃんと定年の60歳まで勤めあげますが、スポーツを職業とする人で60歳まで現役などという人は見あたりません。

プロ野球も30歳を過ぎればベテラン、40代の現役はまれな存在です。マラソンなどは20代が盛りで、これも40代は無理です。相撲も20代中心です。

それだけではありません。スポーツ選手は一般人に比べると、肉体の故障が多く平均寿命も短いのです。

見かけほど強くないのです。

★多くの酸素を必要とするスポーツ選手は活性酸素を産み出す量が多くなる
★代謝活動によって生みだされた活性酸素は人体に悪影響を及ぼす成分である

スポーツは体にいい、というわけでもないのです。
むしろ悪い。

【女性は生理不調・無排卵、男性は無精子】

女性のマラソン選手などは、それで青春を燃焼し、一つの人生をかたちづくる意味では、それなりの選択肢ではありますが、普通の意味での女の幸福は難しいはずです。

なぜならほとんどの選手が生理不調になるからです。生理があっても無排卵が多い。

 精子、卵子は活性酸素の害を受けやすい。過激なスポーツをやる選手は、子供が生めない。生んでも奇形が多いといったマイナスをこおうむる確率が高いのです。男子の場合でも無精子というのが多く見られます。

若い男女は避けましょう。

【授かりにくい体に】

穏やかな運動は妊娠する力を高め、激し過ぎる運動は妊娠する力を落とします。

 ウォーキング、サイクリング、ゴルフなどの穏やか運動は長時間すればするほど妊娠までに要する時間が短くなります。

 逆にマラソンやトライアスロンなどの激しい運動は、長時間すればするほど妊娠までに要する時間が長くなるという報告があります。

適度な運動は生体リズムを整えホルモン分泌を正常化させる効果が期待できますが、激しすぎる運動は脳の視床下部や甲状腺ホルモンの分泌器官の働きに異常を来し、月経周期を乱したり、排卵を止めてしまったりする可能性があるとされています。

 また、激しい運動により酸素の消費量が増えると、細胞を老化させる活性酸素が産生され、妊娠を左右するとされる卵子の質の低下を早めることにもなりかねません

ウォーキングが最強です。

1 2





hardpunch0001さん

まとめるの好きです。よろしく。