1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

dorisutaさん

「この季節」

この季節になるとお花見や新入歓迎会などお酒を飲む機会が増えてきますね。
しかし、そんな中でも「お酒」が飲めない人。つまり車を運転しなければならない人もいらっしゃるはず。
特に花見やバーベキューなどは道具やらなんやら必要なので特に多いはずです。

周りの人はみんなお酒を飲んでるのに飲めない・・・

そこで活躍してる「ノンアルコール」飲料

最近ではノンアルコールビールをはじめ、カクテル、ワイン、日本酒など種類も豊富です。

需要も高く市場の推移も順調のようです。いかにみなさんが「ノンアルコール」飲料を利用しているかが伺えます。

@akemiookamibaka 今日は運転もあったんで、ノンアルコールでした!w また来週できるといいです〜♪ (^_^)

@1015Bullet お疲れ様!オレは外食だけど運転があるからノンアルコールビール!このやろー!

「ちょっと待った!!」

10日間ほど、飲酒は駄目って言われたけど、ノンアルコールはいいんだよね?

ノンアルコールの定義はアルコールが0%、またはアルコール分が1%未満のことを指します

つまり、ノンアルコールにも微量にアルコールが含まれている場合があるのです

要するにノンアルコールにもアルコールが入ってるって事??

酒税法の第2条で、酒類は「アルコール分1度以上の飲料」と定義されています

したがって、ノンアルコール飲料とは、含有アルコール量が1%未満の飲料です

ノンアルコール飲料は2種類に分けられる。 アルコールを全く含まない飲料と、1%未満のアルコールを含む飲料だ。ノンアルコールビールでも大量に飲めば飲酒運転と判定される可能性があるって事だ。(bot)

つまり、ノンアルコール飲料と表示されていても0%ではなく1%未満のアルコールが入っている商品もあるということ。

1%未満でものんだら飲酒運転になるの??

「酒気帯び運転」

2.酒気帯び運転は、血中アルコール濃度(又はそれに相当するとされる呼気中アルコール濃度)が、一定量に達しているかという、形式的な基準で判断

1 2