1. まとめトップ

理想の体重「シンデレラ体重」「A4腰・A4サイズ」とは? 体脂肪率(BMI)はもう古い!?

女性とダイエットは切っても切り離せないもの。そんな中、今女子中高生の間で、じわじわ浸透してきた理想の体重と言われる「シンデレラ体重」。今後、BMIや体脂肪率にとってかわる新たな指標となりうる理想の体重「シンデレラ体重」について調べてみた。

更新日: 2018年10月06日

24 お気に入り 1118088 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

女性の永遠のテーマ「ダイエット」

女性なら誰しも、自分の体重と向き合い、痩せることに様々な努力をしている人がたくさんいる。そんな女性の体重の指標となるものには、BMIや体脂肪率などがこれまでの主流であった。

====================================================

指標その1「BMI(ビーエムアイ)」

BMI=体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))

BMI(Body Mass Index)とは1994年にWHOで定めた肥満判定の国際基準です

体脂肪率との関連性も高く、BMIが標準値を上回るほど有病率が高くなる傾向があります

18.5未満を低体重、18.5以上25.0未満を標準、25.0以上30.0未満を肥満(1度)

小中学校の保健体育の授業でも耳にする「BMI」。「BMI」とは体重・体格指数のことで、これを使うことで、自分が「痩せ型」か「普通」か「肥満(1〜4)」のどれにあてはまるかが簡単にチェックできす。
計算方法は、体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))。
ちなみに標準体重は(身長×身長)×22÷10。
従来の「標準体重」などが特に医学的根拠を持たないのに対し、BMI は有疾患率が最も低い点を「理想体重」と設定していることが特徴。BMIは1994年にWHOで定めた肥満判定の国際基準です。

====================================================

指標その2「体脂肪率」

体脂肪率(%) = 体脂肪の重さ(kg) ÷ 体重(kg) × 100

10年ぐらい前から、耳にするようになった「体脂肪率」という言葉。体脂肪率は体重に占める脂肪の割合のことで、男性よりも女性の方が基本的に高い。またアスリートは基本的に低くなる。

理想の体脂肪率は、男女によっても年齢によっても大きく違い、幅がある

体脂肪率は、低ければ良いというものでもない!?

体脂肪率は、低ければ低いほど良い、というものではなく、低すぎると体温の低下や筋力の低下(筋肉を分解してエネルギーを作り出すため)を招くことがある。

====================================================

女子中高生のダイエット新基準『シンデレラ体重』とは!?

1 2 3