1. まとめトップ

実はあまり知られていない、サイゼリヤの別業態(スパゲッティ マリアーノなど)

「スパゲティ マリアーノ」やかつて存在した「イート・ラン」「サイゼリヤEXPRESS」など、2005年頃からひそかに別業態を模索しているイタリアンファミリーレストランチェーン「サイゼリヤ」。ファーストフードから持ち帰り専門パスタまで、あまり知られていないこれまでの別業態、実験店舗をまとめてみました。

更新日: 2019年04月17日

2 お気に入り 16748 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

1. イート・ラン(2005年~2010年)

2005年8月 東京都北区に初のファストフード店となる「イート・ラン十条店」を開店

タコスやハンバーガーを扱うファーストフード店としてオープン

2005年8月、東京都北区に「イート・ラン十条店」オープン

ハンバーガー、タコス、ソフトタコピザ(タコス生地のピザ)、スープなどを提供

十条店、ユアエルム青戸店、川口店など3店舗(6店舗?)まで展開するも、2008年には1店舗まで縮小。2010年10月ユアエルム青戸店閉店。

2. スパQ&TacoQ(2005年~2007年?)

2005年11月 埼玉県ふじみ野市に初のファストカジュアル店となる「スパQ&TacoQビバモール埼玉大井店」を開店

おそらくこの埼玉大井店1店舗のみだった模様。スパゲティやタコスを取り扱っていた。

スパQ&タコQ→サイゼリヤEXPRESS

スパQ&TacoQ埼玉大井店は、閉店後「サイゼリヤEXPRESS」にブランド転換。2007年頃と思われる。

3. サイゼリヤEXPRESS(2007年~2012年)

2007年4月 東京都八王子市にファストカジュアル店となる「サイゼリヤEXPRESS ぐりーんうぉーく多摩店」を開店

低価格スパゲティを提供するファストカジュアル店としてオープン。

客がレジでタッチパネルでメニューを選び、会計も済ます独特のセルフレジを導入して運営を効率化し、価格は100円台からと低く設定

セルフオーダーレジで注文から会計までを済ます

「30秒で茹でたとは思えない、しっかりとした麺。シーズニングも量が十分で、味も悪くない」

ぐりーんうぉーく多摩店、船橋店、イオン津田沼店、埼玉大井店、川口店、十条店の最大6店舗?

4. マリアーノスパゲティ(2012年~2016年)

2012年10月15日にオープンした、パスタ専門店「マリアーノスパゲティ」。

その後2016年に移転し、「スパゲティマリアーノ」としてリブランド再オープンした。

日本橋兜町にパスタ専門店「マリアーノスパゲティ」

「日本橋兜町の平成通り沿いに9月13日、パスタ専門店「マリアーノスパゲティ日本橋兜町店」(中央区日本橋兜町、TEL 03-5642-6002)がオープンした。経営はサイゼリヤ(埼玉県吉川市)。」

午後2時以降はサラミやソーセージなどつまみ6品を各240円、330ミリリットル入りの生ビールを280円、イタリア直輸入のワインの120ミリリットルを100円、250ミリリットルを180円で提供

5. サンドイッチカウンター(2013年~2014年)

「サンドイッチカウンター 秋葉原末広町店」、12月9日オープン! サイゼリヤ運営のサンドイッチ屋

6. Pastas[パスタス](2014年~2017年)

1 2 3