1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

O157後遺症で女性死亡‥感染後に発症した「溶血性尿毒症症候群」とは?

大阪府堺市で1996年7月、学校給食などで児童ら9千人以上が感染したO157による集団食中毒で、同市は30日、当時小学生だった25歳の女性が、O157後遺症の腎性高血圧を原因とした脳出血で昨年死亡したと発表しました。

更新日: 2016年03月31日

27 お気に入り 136608 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●O157後遺症ので、大阪・堺市の女性が死亡したと発表

堺市で1996年7月、学校給食などで児童ら9千人以上が感染した腸管出血性大腸菌O157による集団食中毒で、

市は30日、当時罹患した同市北区の女性(25)が後遺症の腎性高血圧を原因とした脳出血で、昨年10月11日に死亡したと発表した。

・女性は感染後、HUSを発症し60日間入院

市教委によると、女性は小学1年で感染後、腎機能が低下する溶血性尿毒症症候群(HUS)を発症し、60日間入院。

退院後は通院治療を続けていたが、昨年10月11日、後遺症の腎血管性高血圧による脳出血のため死亡した。

・堺市によると、O157の後遺症による死亡は初めて

堺市によりますと、20年前の堺市のO157の後遺症による死亡は初めてだということです。

・市長のコメント

竹山修身市長は「心からご冥福をお祈り申し上げる。安全管理と危機管理の徹底に一層の努力を傾注していく」とコメント

・約20年たった現在も女性4人が治療を続けているという

集団食中毒は8年7月に発生。小学児童7892人、教職員74人の計7966人が感染したほか、家族ら1557人が二次感染した。

約20年たった現在も、女性4人が後遺症の高血圧や慢性腎炎などで治療を続けている。

これまでに補償が確定した遺族や患者は約9100人で、市が支払った額は計約7億円に上る。

●ネットでは、このニュースに様々な声があがっている

O-157はきっかけに過ぎないでしょ。死因がそうだというだけで、そこまでの過程の要因が積み重なってるのが病気だから。 O157後遺症で25歳女性死亡=96年集団発生、当時小学生―大阪・堺 nico.ms/nw2115045 #niconews

私たちにとっては、20年も経ってるのに? だけど、本人や家族にとっては20年間ずっと闘いだったんだよね。 堺O157:当時小1の25歳女性、後遺症で死亡 - 毎日新聞 mainichi.jp/articles/20160…

つらいな。病気はどこにでも引き金があるけど避けられるものは避けたい。<堺O157>当時小1の25歳女性、後遺症で死亡(毎日新聞) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160330-… #Yahooニュース

O157後遺症で堺の25歳女性死亡 96年集団食中毒headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160330-… 誰もが終わったと思っている事件でも、当事者にとっては続いているということもある。ご冥福をお祈りします。

そこまで恐ろしいものだとは知らなかった。 堺O157:当時小1の25歳女性、後遺症で死亡 - 毎日新聞 bit.ly/230X1a5

●「溶血性尿毒症症候群(HUS)」とは?

溶血性貧血(赤血球が壊れて貧血がおこる)、血小板減少(血小板が多量に消費されて少なくなる)

1 2