1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

まこっぴさん

AKBGのスキャンダラス女王!柏木由紀と言えばやはりNEWSの手越との報道が思い浮かぶ・・

柏木といえば、過去最高の2位となった昨年の総選挙直後にNEWS・手越祐也と熱烈に抱擁する写真が「週刊文春」(文藝春秋)にスッパ抜かれ、大きな話題を呼んだこと

2人が親密な関係であることは写真を見れば一目瞭然。浴衣姿の男は柏木に絡みつくように体を寄せ、2人はカメラに向かってピースサインをしている。週刊文春の取材により、写真は2013年の秋から2014年初めにかけて撮られたことが判明した。

「場所は箱根の山間にある高級旅館。芸能人がよくお忍びで訪れる宿です。実は今でも2人は仲がよく、LINEで頻繁に連絡をとっていますよ」(柏木の知人)

柏木と運営サイドは、この一連の報道を完全にスルー。過去に男性スキャンダルで脱退したり丸刈りにしたりした他メンバーのファンから、大きな反感を買うことになった。

2014年にNMB、2015年にNGTと兼任することになった柏木由紀さん、どうやら自身のスキャンダルが影響している模様・・

AKB48・柏木由紀が、ブログで総選挙に向けた思いをつづり、話題になっている。
 29日付のエントリーで柏木は、今回の立候補について「ほんっっっとに迷って、、ほんっっっっっとに悩んで、、、」と葛藤があったことを明かしたうえで、5年前に初めて3位に入ったことで
「AKB48というグループの中で、自分の役割をほんの少し見つけられた」ことや、
「上を目指すことで、NGT48に何か恩返しできるんじゃないかと思った」ことを理由に立候補を決めたとしている。

そもそも鹿児島出身の柏木由紀が縁もゆかりもない大阪のNMBと新潟のNGTに移籍したのに疑問の声が・・

ブログで明かしたNGT48への思いについても、疑いの目が向けられている。
「柏木が新潟とNGT48に愛着がないことは、近しい関係者の間では常識。そもそもNGTとの兼任となったのも、それ以前のNMB48との兼任も、柏木の異常な“合コン癖”に対する運営側の懲罰的な措置だった。
本人も、もはや不満を隠そうともしていませんよ」

2014年のNMB48移籍は人気Jリーガーとの合コンに参加したことへの運営の懲罰だった?

2013年1月12日の深夜、AKB48の人気メンバーである柏木由紀が朝まで合コンに参加していたところを週刊文春がスクープ

合コンメンバーにはAKB48峯岸みなみ、AV女優の明日花キララ、サッカー選手の扇原貴宏と杉本健勇も参加。(※2人とも当時セレッソ大阪所属。杉本健勇はその後川崎フロンターレに移籍)

峯岸みなみは午前3時過ぎに帰宅したものの、柏木由紀はAV女優&杉本健勇&扇原貴宏と2時間1万5000円のカラオケルームへ移動。この高級カラオケは芸能人御用達であり、シャワー付きでソファベッドもあるらしい。結局朝7時半に明日花キララ、少し遅れて男性陣、柏木由紀がカラオケを後にしたのは午前7時45分

5日、「峯岸みなみ、AV嬢と一緒に朝7時まで」「AKB柏木由紀、Jリーガーと『深夜合コン』撮った!」という見出しを打った「週刊文春」の中吊り広告の画像がTwitterアカウントから投稿されたことからネット上で急速に広まった。

柏木の所属事務所は「呼ばれて行った」と参加の事実を認めた上で、「男性がいるとは事前に知らされていなかったし、明日花さんのことも知らなかったと聞いています」とコメント。

一方、峯岸の所属事務所は「合コンではありません。女性だけの食事会だと聞いております」と回答。

2014年
2月24日、『AKB48グループ大組閣祭り』において、NMB48 チームNとの兼任が発表

このスキャンダルの翌年にNMBへ移籍することになった柏木由紀・・

そしてこのスキャンダルネタを売ったのが小嶋陽菜という噂・・

AKB柏木由紀とジャニーズ手越祐也の旅行中のラブラブ写真が週刊文春に掲載されたことについて、「ネタをたれこんだ犯人は小嶋陽菜」という説

小嶋陽菜と柏木由紀の事務所が違うことに触れ、同じグループとはいえ決して協力関係にはなく、むしろライバル関係であり、派閥もあることにも言及。総選挙で柏木由紀に負けて今ひとつな結果に終わった小嶋陽菜はLINEで送られてきた写真を関係者経由で文春に売った

そして迷いながらも2016年、第8回AKB48選抜総選挙に出馬し意気込みを語る柏木由紀さん

第8回選抜総選挙に、締め切り寸前の27日に立候補した柏木。ギリギリまで迷ったことを明かしつつ、最終的には「上を目指すことで、NGT48に何か恩返しできるんじゃないか」と、兼任しているNGT48のメンバーが初めて総選挙を迎えることを考えて立候補を決断

昨年2位だった柏木にとって、「今のわたしは、総選挙の結果で、AKBの中での未来が大きく変わることはもしかしたらあまりないかもしれないです」と、自身の将来を見据えての立候補ではない。

 そんな状況でのソロツアー、総選挙について、柏木は「AKBを卒業してもソロでみなさんに歌やステージを届けたい!そんな夢にも、総選挙の結果が、もしかしたら何か繋がるかもしれないって思うようになりました」と、時期には触れないながら“卒業”に言及

1 2