1. まとめトップ

現代に生きる「百人一首」由来の名前

長い間、日本人に親しまれてきた「百人一首」。それだけに、一般の人から神田うのまで、「百人一首」に由来する名前は現代でも少なくない。宝塚は有馬稲子をはじめ、初期メンバーは全て「百人一首」から。映画公開中の『ちはやふる』でも主要人物はほぼ由来。そして朝ドラ『とと姉ちゃん』も!

更新日: 2020年06月12日

7 お気に入り 75979 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

■朝ドラ『とと姉ちゃん』 主人公の名前は「百人一首」由来

正月を迎え、常子は今日だけはととの近くにいたいと百人一首を持ち出す。強すぎるかか(=母)・君子(木村多江)を尻目に、常子が一枚だけとれた札は、自分の名前の由来となったものだった…。

鎌倉右大臣(93番)
「世の中は 常にもがもな 渚漕ぐ 海人の小舟の 綱手かなしも」

世の中の様子が、こんな風にいつまでも変わらずあってほしいものだ。波打ち際を漕いでゆく漁師の小舟が、舳先(へさき)にくくった綱で陸から引かれている、ごく普通の情景が切なくいとしい。

普通で、当たり前の暮らしの大切さが『とと姉ちゃん』のメインテーマか

ヒロインの高畑充希が演じる“父親代わりの長女”小橋常子が、「当たり前の暮らしがいかに大切か」という亡き父の教えを胸に、二人の妹と母を守って型破りに大奮闘する。

■映画『ちはやふる』 主要人物の名前も「百人一首」由来

映画『ちはやふる』

質問:百首の中からこの歌を選んだ理由を教えてください。
末次「自分(主人公)に関わりのある歌じゃないと興味も湧きにくいというのがあるので、女の子の名前の入った歌を選びました。」

末次由紀『ちはやふる』1巻

17 番歌
「ちはやぶる 神代も聞かず 竜田川 からくれなゐに 水くくるとは」
在原業平朝臣

『ちはやふる』

右上に綿谷新、右下に大江奏

綿谷新
『わたの原 八十島かけて 漕ぎ出でぬと 人には告げよ あまの釣り舟』
大江奏
『大江山 いくのの道の 遠ければ まだふみもみず あまの橋立 』
若宮詩暢
『忍ぶれど 色に出でにけり わが恋は ものや思ふと 人の問ふまで 』

『わたの原』は11番歌、『大江山』は60番歌、『忍ぶれど』は40番歌

『ちはやふる』

若宮詩暢

■宝塚の昔の芸名は100%「百人一首」由来

かつての宝塚少女歌劇団の芸名は、すべて百人一首の歌から付けられていました。なんと1期生(大正2年)から11期生(大正11年)までの約160名は、百パーセント「百人一首名」でした。

小林一三

阪急東宝グループの創業者。宝塚の生みの親。茶人としても知られる。

母が宝塚の天津乙女、有馬稲子、霧立のぼる、小夜福子の名を言いながら、百人一首のいくつかを教えてくれた。タカラジェンヌが百人一首の歌をもじった芸名をつけている慣例は数寄者であって作家でもあった小林一三の思い付きなのだろう。

有馬稲子

昭和を代表する大女優

【有馬稲子】
この芸名は百人一首の大弐三位の「有馬山 猪名の笹原 風吹けば いでそよ人を 忘れやはする」に由来する。

■神田うのや山田まりやも「百人一首」と関係性が

神田うの:命名の由来は持統天皇の幼名、鵜野讃良 皇女(うののさららのひめみこ)から。

2 番歌
「春過ぎて 夏来にけらし 白妙の 衣干すてふ 天の香具山」
持統天皇

ベビ男くんの名前発表します❤❤❤
“崇徳”と書いて“ムネノリ”と読みます。これからは愛称“ムネちゃん”で宜しくお願い致します。

77 番歌
「瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の われても末に 逢はむとぞ思ふ」
崇徳院

1 2