1. まとめトップ

iOS13いつ(リリース日)、iOS13対応機種、新機能・配信日、アップデート、iOS12との違い

6月初旬に開催されるWWDC 2019に合わせて、新たなOS、iOS13が発表されました。「iOS13はどんな新機能が追加されますか?」「iOS12と比べてiOS13の進化点は何?」「iOS13アップデートを行いますか?」一緒に見てみます。

更新日: 2019年10月13日

80 お気に入り 1315192 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

idoido2000さん

☆ミ 合わせて読みたい

iOS13.1には、iPhone11、iPhone11 Pro、iPhone11 Pro Maxで超広帯域無線(UWB)テクノロジーを活用したAirDrop、“ショートカット” App内の提案されたオートメーション、“マップ”で到着予定を共有する機能などの改善とバグ修正が含まれています。

Appleは現地時間9月24日、iOS13.1の正式版を一般ユーザー向けに公開しました。iOS13ベータの過程で省かれていた複数の機能が復活しています。

アップルがiPhone向けの最新システムソフトウェアiOS 13.1の配信を開始しました。

主な更新点は、まずiPhone 11シリーズ向けにAirDropの機能強化です。3モデルに共通して搭載された空間認識のための超広帯域無線(UWB)技術を備えたU1チップを使用し、自分のiPhoneを相手のiPhoneに向けることで、対象者を選択できるようになりました。

また、「マップ」アプリでのETA共有(友人と到着予定時刻や位置情報を共有できる機能)やSiriショートカット機能の強化など、iOS 13にはなかった新機能がいくつか追加されました。これらはiOS 13ベータ版のテスト中に存在しながら、先のiOS 13から削除されていたものが復活したかたちとなります。

iPadOS 13.1では、マルチタスキング機能が強化されたほか、USBマウスや外付けマウスにも対応したのが特徴です。

iPadOSはパワフルで新しいオペレーティングシステムです。iPadの特別な体験を示すために新しい名前が付けられました。

iPadOSはiOSと同じ基盤の上に構築されています。大きなディスプレイを持ち、多用途に使えるiPadに固有のパワフルな新機能と直感的な機能が追加されます。

このアップデートによって、複数のAppを操作する新しい方法が追加され、刷新されたホーム画面では、より多くの情報が一目で分かるように表示されます。また、Apple Pencilの反応がさらに速くなり、あらゆるものをすぐにマークアップできる新しい方法が追加されます。

ダークモードの機能が大幅に向上し、プライバシーを保護しながらWebサイトに簡単にサインインできるようになり、写真を編集および表示するための新しいツールが提供されます。iPadOSでは、システム全体の最適化により、処理速度と反応速度が向上します。

IOS13.1インストールしたらPS4のコントローラー使えるの本当だった。 これで出先でPS4もできるし、対応アプリゲームもできる。 今の所不具合は無し。 方法は簡単で ①iPhoneのBluetoothを開く ②コントローラーのSHAREボタンとPSボタンを長押し ③iPhoneと接続 ④ゲーム楽しむ 以上。素敵だ♪ pic.twitter.com/VIjaHUz0hd

iOS13.1、アプリ起動少し速いのかなとも感じる。しばらく慣らしておこう。

あとiOS13.1で動画のトリム(タイムラインの切り取り)に加えて、クロップ(動画範囲の切り取り)ができるようになっとる!めちゃ捗る

iOS13.1からショートカットに「オートメーション」てのが追加された。 これが結構いろんな自動化できそうで、例えば「Bluetoothに繋いだらPodcast再生」みたいなの簡単に実現できる。 現状できること少ないけど、これはだいぶ便利になること増えそう。 #ios13 #ショートカット pic.twitter.com/b5K3HAKX5L

おっ、iOS13.1にアプデしたら不具合改善されたわ。神❗️

iOS13.1で三本指バグ直ったみたいだからあとでパネル配置してみようかな

iOS13.1にしてからすぐ熱くなるとかバッテリー持ちが悪くなったって言ってる人いるけどそれってクリーンインストールした場合も同じなの? 多分PC使ってバックアップ取って、クリーンインストールした後に復元する人なんてあまりいないと思うけど気になる。 上書きインストールだけの現象だといいけど

iOS13いつ(リリース日)、iOS13対応機種、新機能・配信日、アップデート、iOS12との違い

6月初旬に開催されるWWDC 2019に合わせて、新たなOS、iOS13が発表されました。「iOS13はどんな新機能が追加されますか?」「iOS12と比べてiOS13の進化点は何?」「iOS13アップデートを行いますか?」に興味を持っている方は多いのではないでしょうか。

この記事では、iOS13いつ(リリース日)、iOS13対応機種、新機能・配信日、アップデート、iOS12との違いについて紹介していきます。では、一緒に見てみます。

(1)iOS13いつ?iOS13リリース日について

◆ WWDC 2019に合わせてiOS13を発表します。
◆ 2019年6月中旬、iOS13のベータ版が開発者向けにリリースされています。
◆ 2019年7月頃、iOS13のパブリックベータ1をリリースします。
◆ 2019年7月~8月頃、iOS13ベータ版のハグ・不具合を修正します。
◆ 2019年9月10日(日本時間9月11日2時)、iOS 13正式版がリリースされます。
◆ 2019年9月19日(日本時間9月20日)、iOS 13正式版が配信し、ダウンロードできます。

Appleが毎年恒例の新型iPhone発表イベントを現地時間の2019年9月10日、日本時間の9月11日2時から開催することが明らかになりました。

日本時間9月20日からダウンロードが可能!
iOS13では、ダークモードの実装や写真機能の刷新など、多数の新機能が追加されます。

これまでよりアプリの起動が最大2倍早くなります。

さらに、アプリをダウンロードする際の容量が最大50%小さく、アップデートする際も平均で最大60%小さくなります。

また、iPhone X、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRにおいて、Face IDのロック解除が最大30%早くなりました。

(2)iOS13対応機種について

iOS13対応機種一覧:

◆ iPhoneモデル:iPhone SE、iPhone 6sシリーズ、iPhone 7シリーズ、iPhone 8シリーズ
iPhone X、iPhone XR、iPhone XSシリーズ
◆iPadモデル:iPad Air2以降のモデル、すべてのiPad Pro、第5世代以降のiPad、iPad mini 4以降のモデル
◆ iPodモデル:iPod touch(第7世代)

ご注意:iOS 12をサポートする機種のうち、「iPhone 5s」「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」と「iPod touch(第6世代)」はiOS 13のサポート対象外となった。

(3)iOS13最新機能(性能)まとめ

1 2 3 4 5 6 7 8 9