1. まとめトップ

【iOS11最新情報】現状からどう進化するのか?iOS11新機能、配信日まとめ

6月6日に開催されるWWDC 2017に合わせて、新たなOS、iOS11が発表される予定です。「iOS11はどんな新機能が追加されますか?」「米国時間2017年9月にリリースと噂のiOS11の最新情報って?」「iOS 11アップデートを行う必要がありますか?」一緒に見てみます。

更新日: 2017年07月17日

idoido2000さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
66 お気に入り 822433 view
お気に入り追加

iOS 11発表!iOS 11新機能・改善点・対応機種・配信日を詳しく解説!App Store・iMessage・Siri・マップ・コントロールセンター・Apple Pay送金など

ios11 ios10違い、ios10からios11はどんな進化を遂げた?ios11にアップデートすべきか?答えは、https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14175360244 ヤフーアンサーを参考にしてください。

【特集】iOS11新機能、iOS11リリース日、iOS11対応機種、iOS11 iOS10違い、iOS11アップデート方法まとめ|iOS11不具合・バグ及びその対策、iOS11脱獄、iOS11 32Bit起動できない、iOS11ベータアップデート方法まとめ

iOS11から新機能、画面録画機能について;iOS11から新たに画面録画機能として搭載されたのですが、内部録音は不可です。App Storeからアプリケーションをインストールする必要がありそうです。

『iOS 11』では、光学式手ぶれ補正、True Toneフラッシュ、HDRを使って縦向きの写真を撮影できるようになり、だれでもプロのような写真が撮れる。またLive Photosもさらに表現豊かになり、新しく追加されたループエフェクトとバウンスエフェクトを使って繰り返し再生するビデオループを作ったり、長時間露光で 時間と動きを捕えることも可能だ。写真アプリケーションでは、メモリーのムービーを縦向きでも横向きでも再生できるよう最適化されているほか、ペットや誕生日の写真など、さらに多くのメモリーが自動的に作成されるようになっている。

Apple、デベロッパー向けに「iOS 11 beta 2 Update 1」をリリース 「iPhone 7」シリーズよりも前の端末が対象か。先週、Appleはデベロッパー向けにiOSの最新ベータ版「iOS 11 beta 2」を公開しているが、本日も新しいベータ版を公開している。今回公開されたバージョンは「iOS 11 beta 2 Update 1」。先週公開されたものと似たバージョンのものになるのだが、「Update 1」と新しい表記が加えられているのが特徴。ビルドナンバーが異なるためいくつかの修正点を含んだ再リリース版とみられるが、何が変更されているのかは現時点で不明だ。先週公開されたベータ版のビルドナンバーは「15A304i」で、今回公開されたものは「15A304j」。「iPhone 7」などの最新機種には表示されないとのことなので、おそらくそれ以前の旧機種を対象にしたバージョンだと予想される。

海外メディアによると、2017年6月に開催されるAppleの「WWDC 2017」に合わせて、毎年恒例、一年に一度の大型メジャーアップデート「iOS 11」が発表されます。

iOS11解禁日(配信日)は2017年9月、iPhone8と同日だと予想されます。

★★★【iOS最新情報】現状からどう進化するのか?新たなiOS11の新機能まとめ★★★

6月13日に開催されるWWDC 2017に合わせて、新たなOS、iOS11が発表されます。「日本時間2017年9月14日(水)にリリースと噂のiOS11の最新情報って?」「iOS11はどんな新機能が追加されますか?」「iOS 11へアップデートする必要がありますか?」一緒に見てみます。

★★iPadモデル:12.9インチiPad Pro(第2世代)、12.9インチiPad Pro(第1世代)、10.5インチiPad Pro、9.7インチiPad Pro、iPad Air 2、iPad Air、iPad(第5世代)、iPad mini 4、iPad mini 3、iPad mini 2

★★iPhoneモデル:iPhone 5s, iPhone 6, iPhone 6 Plus, iPhone 6s, iPhone 6s Plus, iPhone SE, iPhone 7, iPhone 7 Plus

★★iPodモデル:iPod touch第6世代

【iOS11】アップルの最新OS、iOS11の新機能まとめ!どう変わる?

iOS11新機能について

日本では「iOS 11」に関する情報はまだ少ないですが、海外から伝えてきたiOS 11の噂や最新情報をお届けします。ご参照ください。

一番気になるのが「iOS 11はiOS 10からどこか変わるの?」ということでしょう。以下では、iOS 11新機能についてまとめてみました。

iOS 11はアップル社の超大作と予想しているレポートが多い。皆さんも注目されているiOS 11に関するタイムリーなニュースを見られるため、本文がiOS 11 変更点、新機能、iOS 11 リリース日などのiOS 11最新情報をまとめる。Part 1はiOS 11新機能、iOS 11 追加機能に関するコンテンツ。Part 2はiOS 11 変更点、iOS 11 改善点に関するコンテンツ。 随時更新するから、どうぞ、超大作のiOS 11の最新情報を見逃さないでください~

すでに世界で最も先進的なモバイルオペレーティングシステムであるiOSに、iOS 11が新たな基準を打ち立てます。iPhoneは今まで以上に優れたものになり、iPadはかつてないほどの能力を手に入れます。さらにこれからはどちらのデバイスにも、ゲームやアプリケーションの拡張現実のための驚くような可能性が広がります。iOS 11を搭載するiPhoneとiPadは、間違いなくこれまでで最もパワフルで、最もパーソナルで、最も賢いデバイスです。

iOS 11最新機能特集:次期iOSにはバーチャルリアリティ、ダークモード、常時表示、ホーム画面へウィジェット、ビデオの解像度の変更、通知から直接返信、コンタクトアベイラビリティステータス、スマートWi-Fi 、スマートスリープ、バックグラウンドのアプリの一発終了、より安全なApple Pay、メールアプリ機能の改善、グループメッセージ、カメラAPI認識、より良いバッテリーの管理機能、より知能化されるSiri、より自由なコントロールセンター、などといった最新機能を搭載されるようです。

App Storeを一から作り直しました。エキスパートによるデイリーストーリー、専用の「ゲーム」タブ、あらゆるアプリケーションのリストなど、様々なものが表示されます。これはアプリケーションの誕生以来、App Storeに起こった最大の出来事です。

ダークモードとは目に優しい機能です。ダークモードをONにするとiOS・アプリのテーマカラーが暗色系に切り替わます。画面の眩しさが抑えられます。

ダークモードは次期のiOS11に搭載されるか、それとも今後iOS 10.Xに搭載されるかまだ不明です。だが、iOS11に実装したら、より快適に利用できるはずです。

暗い場所でもスムーズにスマートフォン操作を可能にする「ダークモード」機能とは何?その凄さはどこにある?

暗所での利用を想定した「ダークモード」の到来を待ってます。

iOSのCore Image APIがアップデートされ、iOSで簡単にカメラを扱うことがもっと簡単になります。

その他、iPhoneやiPadのカメラアプリでは、Live Photosの長時間露出エフェクトといった新たなフィルター、及びiOS 11では新たな圧縮スキームとして静止画には「HEIF」、動画には「HEVC」が導入されされます。

iMessageがiCloudで同期されるようになり、複数デバイス間でiMessageの削除状況などの同期に対応。iOS 11ではアプリが常時表示されてバーをスクロールするとアイコンが少し大きく表示され、アプリを選択するとメッセージに挿入できるアイコンなどが表示されます。

「コントロールセンターに位置情報のON、OFFの項目が無いのでしょう?Wi-FiやBluetoothは有るのに…」と聞く人が多いでしょう。
だから、次期iOSアップデート、iOS11ではココが改善される可能性が高いと言われます。自由にコントロールセンターをカスタマイズすることができます。

音楽関連ではApple Musicを強化。友人のフォローやプレイリストのシェアに対応します。それで、あなたの友だちがきっかけで、新しい曲やアーティストに出会えるようになります。

ARKitを使えば、魅力的な拡張現実(AR)体験をアプリケーションに簡単に組み込むことができます。世界で最大のARプラットフォームになります。

『Apple Pay』で個人間での送金が可能になります。実装時から日本に対応しているかは不明です。

送金に利用するのはiMessageアプリ。金額を設定してピピッと送金を済ませることができます。またTouch IDでセキュリティを高めることも可能です。

iOS11では先進的な機械学習と人工知能により、Siriはさらに表現力豊かになり、さらに自然な新しい声で話すようになり、Siriでは翻訳機能も更に追加されます。

今まででもかなりレベルアップしてきているが、iOS11ではSiriが更に進化されます。例えば、SiriがiCloudで接続されたiPhoneやMac、iPad、Apple Watchなどのデバイスからユーザーの操作パターンを学習し、アプリの操作をユーザーに最適化などが挙げられています。

バックライトを使わなくてもそれ自身が発光する有機ELの特長を生かしてスリープ状態で時計やカレンダーを常時表示するAlways On DisplayがiOS11に実装される見込みです。

「Always on Display」(オールウェイズ・オン・ディスプレイ)というは新機能が搭載されることで、iOSデバイスの電池消費も減らせます。

カレンダーや次の予定、目覚し時計、メモ、天気予報、ニュース、株価、などなど、自分が入手したい情報を一つの画面でひと目で効率よく確認することができます。

メッセージ機能がもっと知能的になる可能性が高いと言われます。送信元と送信先の設定内容、ネットワーク接続、通信プランに基づいて、グループメッセージの種類、送信コンテンツを自動的に選択し、アプリの連携でメッセージを送受信することができます。

1 2 3 4 5





異国文化に興味を持ってます。中国・韓国・海外などの国の面白いことをご紹介します。お願いします。

このまとめに参加する