1. まとめトップ

iOS12いつ(リリース日)、iOS12対応機種、新機能・配信日、アップデート、iOS11との違い

6月6日に開催されるWWDC 2017に合わせて、新たなOS、iOS12が発表されました。「iOS12はどんな新機能が追加されますか?」「米国時間2017年9月19日(火)にリリースとiOS11と比べてiOS12の進化点は何?」「iOS12アップデートを行いますか?」一緒に見てみます。

更新日: 2018年08月16日

72 お気に入り 916110 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

idoido2000さん

● iOS11からどう進化するのか?iOS12いつ、新機能、配信日、対応機種まとめ

iOS12いつ?iOS12リリース日は?と聞く人は多くなってきました。海外メディアによれば、次期iOSのiOS12リリース日はWWDC 2018に合わせて発表されると言われました。

iOS12解禁日に関しては、2018年9月だと予想されます。次世代のiPhone(iPhone 9噂)が発表される時、配信されます。

iPhone:iPhone9/SE2、iPhone X、iPhone8、iPhone8 Plus、iPhone7、iPhone7 Plus、iPhone 6S (Plus)、iPhone 6 (Plus)、iPhone SE、iPhone5s;

iPad:iPad Pro(10.5/12.9)、iPad Pro(12.9/9.7)、第5世代iPad、iPad Air 2 、iPad Air、iPad Mini 4/3/2

iPod:iPod Touch 6

iOS12新機能|iOS12はiOS11からどう進化するのか?

ARKit 2ではリアルのARゲームが一段と楽しくなりました。対戦中でない人もiOS端末をかざせばARゲームを観戦できます。画面を共有できるプレイヤーは1度に4人まで。

アニ文字のトピックでは、自分そっくりなアバター「Memoji」を自作できるようになり、舌認識機能も実現しました。これまでのアニモジではいくら舌を出しても完全に無視され円滑な人間関係に甘んじるほかありませんでしたが、これからはいつでも意のままに舌を出すことができます。

ユーザがiOSデバイスの使用時間を管理できるようiOS 12に組み込まれます。保護者がお子さんの使っているコンテンツを管理する機能を追加して、作業中断を減らし、画面を見ている時間を管理することが可能です。

Googleに続きまして、Appleも携帯中毒撲滅のデジタルウェルネス・サービスを実装しました。スマホ画面に括り付けの時間を確認する機能は今もあるんですが、夜は着信音をシャットアウトし、画面すべて黒背景+白文字になって暗くなる「ベッドタイムモード」も新登場です。

iOSシリーズのデザインは、フラットデザインを導入した2013年のiOS7以降、大きな変更は施されておらず、いくつかの標準アプリのデザイン変更にとどまっています。そろそろ新デザインが見たい、と期待している人は多いです。

iOS12のコンセプト動画を見てから、iOS11で大幅にデザインが変わったコントロールセンターがさらに進化して、アイコンが円形に配置されています。

iOS12では目を引く変化と言えば、初代iPhoneから踏襲されてきた角の丸いアイコンが、円形のアイコンにデザイン変更されている点です。

自分がよく使うアプリを縦に並べて表示できるのが「App Bar」です。アプリアイコンを長押しして左から右にスワイプすると、アプリを開くことができます。

ユーザーからもっともリクエストが多い機能のひとつとして、アプリごとにロックをかけられる機能を提案しています。ひとつひとつのアプリをFace IDまたはTouch IDでロックできる機能です。

iOS12通知センターは多くのユーザーのニーズを満たすため、画面下から引き上げてることでも詳細を確認可能になっています。最も便利となりそうです。

iOS12カメラには「Proモード」が搭載され、各種設定の変更をワンタップで呼び出せるショートカットもついています。

iOS11では、設定アプリから「色を反転」を選択することで、ダークモード風のインターフェイスが利用可能です。iOS12では、コントロールセンターから簡単に操作できたり、周囲の明るさに反応して自動でダークモードに切り替わったりする機能に期待したいところです。

「macOS」とは異なり、iOSはロックを外せばフルアクセスが可能。しかしiOS 12の「ゲストモード」を利用すれば、スマホを渡した相手が利用できるアプリを制限できるんです。緊急時に通話機能だけ使ってほしい、などの場合に役立ちそうですね。

iPadではおなじみとなった画面分割機能「Split View」(スプリットビュー)がiPhoneでも利用可能になります。これから、導入されれば、2つのアプリを同時に開くことができます。その他、ダークテーマや、Safariの固定タブ、複数のタイマー、カメラやFaceTimeアプリのアップデートなど、さまざまなアイデアが具現化されています。

音量を調整するサウンドバーのようで、画面の上部表示され数値も出ているので音量の大きさがわかりやすくなっています。

FaceTimeに動く顔文字「Animoji」が追加される他、最高四人までが同時に会話できるようになります。更に、コンセプトデザインでは背景が黒になっています。

例年通りなら、6月の世界開発者会議(WWDC)で発表、秋にリリースされるであろう「iOS12」のコンセプトデザインが公開されています。アプリごとにロックがかけられる機能や、ほかの人に貸す際に一部機能を残してロックできる「ゲストモード」などが考案されています。

この報道が真実ならば、「iOS 12」は例年より新機能がすくないアップデートになる可能性が高そうですが、想像の中ではいくらでも興味深い新機能を追加することができます。
iOSに大量の新機能を追加したコンセプトイメージ「iOS 12」が、iOS News And Moreによって作成され、デザイン共有サイトBehanceにて公開されています。

iOS12は新機能よりも安定性向上を優先。AppleはiOS12について、新機能の追加よりも安定生向上を優先すると明言しており、Behanceが公開したコンセプトでも、目立った新機能ではなく、使い勝手をよくする機能が導入されています。

【iOS11最新情報】iOS10からどう進化するのか?iOS11いつ、新機能、配信日、対応機種まとめ

9月27日(火)更新中【ニュース&速報】

現地時間9月19日(火)より正式版iOS11リリース開始|iOS11アップデートによると、どんな最新機能を体験できますか。iOS11とiOS10には何か違いがあります。iOS 11新機能・改善点を詳しく解説!App Store・iMessage・Siriなどの最新機能を詳しくまとめてます。

日本でのiOS11の公開は、9月20日の午前2時となります。iOSのメジャーアップデートには、回線の状態などにもよりますが、時間がかかることも多いので、iTunesでのバックアップ後に、時間に余裕を持って作業することを強くお勧めします。

1 2 3 4 5 6