『ファイナルファンタジー』は、2001年に公開された世界初のフル3DCGによるSF映画。ビデオゲーム『ファイナルファンタジー』シリーズの生みの親、坂口博信が手掛けた初の映画作品で、坂口が率いるスクウェア(現スクウェア・エニックス)とハリウッドスタッフが手を組み、製作費総額167億円(技術開発費込み)をかけて製作された。

米国では、不入りのために公開は数日から数週間で打ち切られた。制作費1億3700万ドル(157億円)に対して全米での興行収入は3200万ドルであり、これは興行として見た場合、完全な大失敗である。

出典ファイナルファンタジー (映画) - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

FF映画化! フルCG映画発表、謎の頭痛にやられるオタクが大量発生ww 「うっ…頭が」

キングスレイブファイナルファンタジー 今度は大丈夫だよな・・・

このまとめを見る