飲食店の場合は、売っている商品や店舗の業態によって税率が変わります。
大きく分けるとその場で食べることが出来るか否かで変わるようです。

[税率8%]
  商品:生鮮食品、加工食品、お弁当、お惣菜、屋台
  業態:屋台、テイクアウト、デリバリー、飲食設備のない場所

[税率10%]
  商品:店内での飲食物(一般的な飲食店の形態)
  業態:居酒屋、カラオケ、ホテルのルームサービスなど

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【オーナー必見!】軽減税率が飲食店に与える影響がヤバイ!

来年4月に消費税率を10%に引き上げるのに合わせて「軽減税率」を導入することなどを盛りこんだ新年度=平成28年度の税制改正関連法案が29日の参議院本会議で賛成多数で可決され成立しました。

このまとめを見る