1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

夢のツール続々!脳は、電気刺激でパワーアップできる

脳への電気刺激が、人類の可能性を一気に広げそう!

更新日: 2016年04月05日

ikelongonさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
136 お気に入り 51016 view
お気に入り追加

人は、電気刺激で能力をパワーアップできる

いま、世界各国が先を争って研究しているのが「脳への電気刺激」。

【2016年3月22日】
研究チームは、微弱な電気刺激がマウス脳機能に及ぼす影響と、その作用メカニズムを解明したと発表

電気刺激によって、ノルアドレナリンの放出が促進され、カルシウム濃度が上昇して、「シナプス伝達」が増強される

脳のアンテナ「シナプス」を化学物質が移動することで、受け手の細胞へ情報を伝える。

この神経細胞のアンテナがぐんぐん成長すれば脳の情報伝達の活性化につながります

この脳への電気刺激が、安全に活用できれば私達の生活はものすごく変わりそう。

たとえば電気刺激で、脳力がグンと上がる

脳に弱い電流を加えることで認知能力をアップさせたりできるとする「tDCS」という手法の研究が進められている

頭に電極をつけて電気ショックを与えることで、認知能力を向上させて、学習速度を速めることができる

新しい脳細胞や神経細胞が、わずかな電気で刺激すると作られる可能性がある

脳への電気刺激は、ピアノ演奏やスポーツなど、体の動きを伴う訓練をより早く習得できるようにする可能性も秘める

電気刺激で、たくさんの難病が治せる可能性も高い

電気刺激を行ったグループは、偽の電気刺激を行ったグループよりも大きくジストニアが改善した

ジストニアは、ミュージシャンに多い指が動かなくなる病気。

まひ状態の脳卒中患者に電気刺激を行い、感覚障害が改善することが報告された

脊髄に電極を入れて、神経を刺激することで、痛みをブロックする

腰痛・ヘルニアなど、痛みで動きにくい人も楽になる可能性がある。

副作用が少ないアトピーの新治療として、注目されている。

電気刺激で抑うつ状態を緩和したり、薬物やアルコール依存症の欲求をコントロールできる効果があるという研究報告もある

電気刺激治療は、アルツハイマー病の進行を遅らせる現在の治療薬とは異なり、主な原因物質の作用を直接抑えるのが特長

電気刺激で、なんと疑似体験することもできる

「塩が含まれていない料理に、塩味を感じさせるフォーク」が誕生したとのこと。その秘密は、電気刺激

電源が内蔵されたフォークで食べ物を刺し、そのまま口に入れると、フォークから流れる微弱な電気によって塩味を感じる

1 2





ikelongonさん

このまとめに参加する