1. まとめトップ

これから大学生になる人へ!卒業生が後悔する5つのこと

後悔しない卒業のために!いろいろやるべきことは山積みです。

更新日: 2017年05月23日

25 お気に入り 23356 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nanomomoさん

みんないろいろな後悔を抱えてます

誰もがみんな後悔を抱えてる

大学生活、授業に関しては後悔ばっかりだな〜〜就職よりなにより卒業だなこりゃあ〜

ああいうテキストに触れると、哲学ってクッソ難しそうな蘊蓄を言ってるばかりじゃないんだなと気づかされる。 もうちょっと大学の時に真面目に哲学の授業を受けておけば良かったと後悔。

現役でも浪人でも構わないんだけど大学受験で後悔したことと「とりあえずこれだけはやっとけ」っていうのあったら聞かして欲しい……

大学生活で最も後悔してるのはサークルに入っていなかったことです。

なんか虚しいよな
高校まで普通に楽しく過ごせてたからこうなってしまった事を認めたくない

大学生が暇つぶしをするなどもってのほかです。自分が好きなことを、寸刻惜しんで学んでください!

では、後悔しないためにはどうしたら良いのか、どんなことでみんな後悔しているのかポイントをまとめます。

1.一生の友達、仲間を作る

大学に進学すると、就職で困るから高卒のほうが将来的にはいいという意見もみかけるけど、 大学時代にしか経験できないこともある。 一生付き合う友人ができるかもしれない。 友人。 何より大切だと思う。 なにが大事か。よく考えて。

自分が悪いのですが、せっかく良い大学に入れたのに、良い友人をもてなかったことに後悔でいっぱいです。

大学生時代に「生涯の友達」に巡り会えたという人は、現在の生活も充実しているように見受けられます。

2.いろいろな人や物に出会う

同じ部内の友達だけでなく、多くの人と友達になろう。違う大学、違う趣味、違う価値観…社会に出たら様々な人がいて、一緒に仕事をすることになる。今のうちに自分の生きてる世界の小ささを知り、殻を破ろう。bit.ly/rx63yj

いつも同じメンバーとばかり酒をのみ、遊び呆けていました。 これはとても大きな機会損失です。

本を読む。海外旅行に行く。留学する。面白そうなイベントに行ってみる。など、できるだけ自分の知らない世界を覗いてみることをオススメします。

3.アルバイトやインターンシップを経験

【インターンシップを推奨する理由】 ・しっかりと仕事を理解することができる(アルバイトとは異なる) ・人生の大半を過ごす会社で良いのか判断できる ・インターンシップそのものが就職活動の準備になる ・一年後、後悔しなくてすむ(←これ重要)

インターンシップに参加すれば必ず何かしらの学びがあるので、参加するかどうか迷っている方は、まずは参加してみることをオススメします。

長期有給インターンなら社会的な責任は発生しますが、お金をもらいながら社会人に混じって働くことが出来て、就職先を考える上での判断軸を自分の中に持つことが出来るようになります。

4.勉強する

大学で単位取るための勉強ってそんな難しくないんだよね。ただサボらずにやるかやらないかの違い。最近はなんでこんな事もやらなかったんだろうって後悔してる事部分もある。過ぎた事言っても仕方ないし、卒業に向かってしっかり勉強していく方が大切だな。

1 2