当時大学二年生で、コンビニの夕勤~2:00までのシフト入ってたんだわ。
そんで帰宅時よく家のそばで、長い黒髪でえんじ色の服の女をよく近所で見かけてた。
いつもいるし、ふらふらと目的もなく2時過ぎに歩き回ってるから、いやでも気になってた。
ただ、その時はあんま怖いとか不気味とかは思わなかったのね。

その長い髪の女いつも見かけるたびに、家々の二、三階を暫く凝視しては次の家の前に行くっていう、不可解な行為をしてたわけよ。
不気味なことの背後には必ず枯れ尾花的な現実的理由があると思ってたから、 俺ある日、その女の隣を自転車で通り過ぎてみたわけ。
好奇心で。
したら、ぶつぶつなんか言ってて、聞き取れたのは

「いない、みえない」

って言葉だけだった。
うわあメンヘラかあ、可哀そうにとか思って、その日は家に帰ったのよ。

そんである日のこと、いつものように帰宅道でまた見た時に気付いたんだけど、その女、一本道を俺の家の方角にむかってるのよ。
二、三階を凝視しながら。

で、俺はなんとなく俺の家の前にくる日が予測できたから、バイト先の友達誘って窓(俺の部屋三階)から見てやろうと思ったんだわ。
というのも、普段は前髪長くて顔見えないから、上見上げてる時なら顔見えじゃんって。

んで決行したわけ。
三階の窓から顔出して待ってたのよ。
俺の部屋は道路から見て右側の壁に、50×150㎝の縦長の窓が二つ20㎝位の間隔をあけてついてんの。

両方にブラインドあって、その道路側を閉めたまま、開いてる方(道路からみれば奥側)から俺が顔出してみてた。
したら、案の定俺の家の前で女が立ち止り、凝視してきた。
不甲斐ないんだけどビビっちゃって、俺顔ひっこめたわけよ。
そのあと、バイト仲間と部屋で

「やっべーーwww」

とか盛り上がったあと、その開いてる方の窓から手だけだしてタバコ吸ってたのよ。
したら、突然その手つかまれた。

開いてる方の窓からじゃ、白いしわくちゃの手が俺の腕掴んでるのしか見えない。
そんで、友人がもう一方の窓(道路に近い方)のブラインドをガッて開けたんだよ。
そしたら、あの女が窓に顔くっ付けてニタニタ笑ってた。

「いたのが見えた、いたのが見えた」

って言いながら。
結局、無我夢中で払いのけて窓閉めたあと、朝まで友達とガクブル。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

これはヤバイ!?メンヘラ女子との恐怖体験談 ~信じる信じないはあなた次第~

ネットで書き込まれていたメンヘラ女子と付き合ったり、デートした際の怖い話を集めてみました!あなたの周りにいる女性は大丈夫ですか…(^^;)メンヘラ女子との恐い話を暇な時間にどうぞ!

このまとめを見る