1. まとめトップ
2 お気に入り 28398 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kant-ai-eさん

東北熊襲発言(とうほくくまそはつげん)とは、大阪商工会議所会頭だった佐治敬三(当時サントリー社長)が起こした舌禍事件。

1988年(昭和63年)2月28日、TBS系列「JNN報道特集」で、東京からの首都機能移転問題が扱われた。この中で、佐治敬三が、「仙台遷都などアホなことを考えてる人がおるそうやけど、(中略)東北は熊襲の産地。文化的程度も極めて低い」と発言した。この発言が原因で、サントリーに対し東北地方での不買運動が起こる事になった

熊襲(くまそ)とは、古代の日本において九州南部にいた反朝廷派勢力をさした言葉で、東北地方の住民は蝦夷(えみし)と呼ばれていた。いずれの呼称もヤマト王権側の畿内(近畿一円)から離れた地域を下位に見る傾向から付けられた蔑称であり、ヤマトタケル神話などではともに征伐される対象として登場するため、どうあれ文明の低い「未開人・蛮族」というニュアンスの言葉である。

当時は首都機能移転の議論が行われていた時期の一つであり、仙台市や南東北3県では誘致活動に熱心であった。同じく近畿地方でも新首都誘致の活動が盛り上がっており、俄かに郷土主義的な対立が高まっていた。そうした中で近畿地方の財界人の筆頭による差別発言が行われ、東北地方を中心として強い反発を招くこととなった

名指しで批判を受けた仙台市では300本以上の抗議電話が殺到し、サントリー仙台支店は対応に追われる事になった。まれに励ましの電話を受けた時、女性社員が感動して涙したと朝日新聞が報道している

本来の「熊襲」を含む地域であり、同じく畿内から離れた地域である九州では殆ど抗議運動は起こらなかった。用語はともかく差別発言の対象自体になった訳ではなく、また熊襲と定義されていた地域も一部に限られている事から当事者意識は余り抱かれなかった。

仙台市内最大の歓楽街・国分町や、市内の酒屋の店頭から、サントリー製品が完全に撤去されたと言われる。

都道府県別のウイスキーの消費量の1位は東京都で2位は宮城県だが、一人当たり消費量では宮城県が日本一である。この宮城県を敵に回した事で、サントリーは大打撃を受けた。一方で、仙台市ニッカ1番地[3]に工場を持つニッカウヰスキーは、地元産品としての地位を再確認され、更に同社製品の質の高さが認識され、大いに業績が伸びた。

佐治の発言は正式には大阪商工会議所会頭としてのものだったが、結果として騒動がサントリーへの批判という形で進んだ事から主に対応はサントリーが中心となった。

日本経済新聞によれば当初は副社長を代理として派遣する対応を示していたが、佐治の発言に最も怒り心頭であった岩手県の中村直知事からは「頭を下げて済む問題ではない」と謝罪を拒絶され、先の青森県においても北村正哉知事から「東北人は(今回の発言で)コンプレックスを感じている」と苦言が呈された。後に佐治自らが各県への謝罪を行う方向へ変更し、3月16日には公式に謝罪を表明した

表面上は決着を見る形となったが、差別発言による対立感情は現在でも続いているとされている。2004年にプロ野球に新規参入した東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地球場・宮城球場(仙台市)におけるビール大手4社のスポンサー枠争奪戦では積極的に動き、「スポンサーに参画することが、そうした過去のイメージを払拭するチャンスになり得るとの見方に立てば、我先に動いたのもうなずける」と評されている

しかし結局は「『球場での売り上げや広告効果がコストに見合わない』との判断」から、販売計画を中止している

1