訪問着として活用するならば、以下を備えた振袖を選ぶのがよいでしょう。
・礼装の訪問着に相応しい地色であること。
・礼装の訪問着らしい、模様の要素が小さめの古典柄であること。

和風の地色で、振り袖としては少々地味と思われる柄が向きます。
そんな振袖が物足りないと思うのであれば、将来訪問着とするのはやめ、お好きな振袖を選ぶのがよいでしょう。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

袖を切って訪問着になる振袖

振袖は成人式だけではもったいない。どうせなら、袖を切って訪問着にしても着られるものにしたい。ではどういう振袖にすれば訪問着になるのでしょうか。振袖の袖を切る。振袖の袖詰め。振袖を訪問着に。

このまとめを見る