1. まとめトップ
  2. 雑学

一緒にいて楽しい人疲れる人。境界線はどこにあるの

一緒にいて楽しい人疲れる人ってどんな人なのでしょうか?疲れる人の特徴と対策「一緒にいて楽しい人」になる方法を紹介します。

更新日: 2016年04月05日

376 お気に入り 115104 view
お気に入り追加

一緒にいて楽しい人と疲れる人って境界線はどこにある!?

複雑な人間関係をスッキリ人づきあいのお話です。

一緒にいて気持ちがよく、元気が出てくるような人もいれば、その逆に一緒にいるだけでドッと疲れる人もいます。

「悪い人じゃないんだけど、その人と話すとぐったり疲れてしまう」「実はいい人、なのに話しているとイラッとする」

具体的な「一緒にいて疲れる人」は、こんな感じらしい!

自分の話ばかりする聞いてもないのに話す人、聞きたくないのに喋る人は、こちらが話を合わせるだけで疲れるものです。

こちらの都合や体調はお構いなし。時間を問わずガシガシ連絡してねじり込んできます。

全てが自分、自分、自分、くれ、くれ、と貰うことばかり。

そんな疲れる相手の対処法は?

相手を変えようとせず、ただ、離れることエネルギーを奪われる、と感じる人からは離れるのが得策

「この人は適当な人だ」と感じたら、早めに話を切り上げましょう。

関係に疲れてしまったら、自分の心を休めるためにも、不参加という選択肢を、たまには用意した方が良いです。

みんな大人ですから、たまに不参加の人がいたって、何の気にも留めないのが普通です。

じゃあ、どんな人が好かれるんだろう?

性格的な要因が大きいといえるでしょう。相手を楽しくする雰囲気を持っているのは、才能といってもいいと思います。

リアルな「一緒にいて楽しい人」に対する声も上がっています。

どっちもだな 離れていて淋しい人は 一緒にいて楽しい人 一緒にいて楽しい人は 離れていて淋しい pic.twitter.com/PvtWV13SzQ

一緒にいて楽しい人と、 離れていて悲しく思う人 どっちがいいんですかね......

将来一緒にいて楽しいと思う人を嫁にしろっておじいちゃん言ってた。

こんなタイプが人気らしい!

一緒にいて楽しい人は、自分のためにも他の人のためにも、前を向いて生きている人です。

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。

このまとめに参加する