1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

がん公表…はんにゃ川島章良の告白に衝撃走る!!

人気番組の「しくじり先生 俺みたいになるな!!」にはんにゃが出演。ここで川島章良さんが、がんになっていたことを公表しました。ネットでは衝撃が走っています。

更新日: 2016年04月07日

40 お気に入り 550762 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

happystar12さん

人気番組「しくじり先生 俺みたいになるな!!」

大きな失敗をしてしまった「しくじり先生」が、「自分のような人間を増やすまい!」としくじった経験を教える、バラエティー番組。

今、話題の人物、過去に話題だった人物が登場しては人生のターニングポイントを赤裸々に告白し、毎回話題となる。

今回のしくじり先生は“ずくだんずんぶんぐんゲーム”のネタで大ブレイクした、はんにゃ

左:川島章良
右:金田哲

この日の放送ではんにゃは、"大学生レベルなのに芸人になっちゃった先生"として授業を実施。

人気絶頂当時は、"好きなお笑い芸能人"で1位に輝き、連続ドラマにも出演するなど、多くの仕事が舞い込んできたと言う。

そのブームも長く続かず、一気に転落

そのブームも長くは続かず、キー局のレギュラー番組は終了してしまい、ついには「マジで笑えないお笑い芸人」で1位に選ばれるなど、一気に“転落”した

2人は、当時の自分たちのお笑いの実力が大学生レベルで「実力不足だったから」と自分たちがしくじった原因を分析。

最後に衝撃告白!川島さんが腎臓がんだったことを公表

15年2月に9歳年下の一般女性と結婚した川島。結婚を決めた14年11月に健康診断を受け、腎臓がんと判明。

川島は「健康診断を受けて、両親とマネジャーを呼んでくれと(医者から)言われた。どういうことかと思ったら、腎臓がんが見つかったと」と明かした。

32歳で腎臓がんを告知された川島は「俺が!? まだ早くない?」と戸惑ったという。

その報告を受けた相方の金田哲は「頭が真っ白になって、何も川島に言ってあげられなかった」と当時を回想した。

14年末に腎臓がん手術をしていた…5年大丈夫だったら卒業

同年末に手術を受け、無事成功。翌年1月には仕事復帰し「お医者さんによれば5年経過して何もなければ卒業」という状態だという。

仕事を再開した川島の顔を見た金田は「安心して笑いが止まらなかった」と、当時の嬉しさと喜びを表現した。

現在も半年ごとに定期的に検査を受けており、今年1月の検査では、問題はなかったという。

保険に入っておらず後悔したが、妻から「赤ちゃんが見つけてくれたんだよ」と言われ、「『見つけてくれた』っていう言葉で気持ちが楽になった」と振り返った。

腎臓がんとは?

腎がんは,初期の段階(腫瘍が小さい時期)では無症状なことが多く、最近では人間ドックや検診などの超音波(エコー)検査で偶然発見されることが多くなりました。

大きい腎がんでは、血尿や腹部腫瘤、痛みがみられることがあります。

1 2